メイン画像へジャンプ
障害者の就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ

メニュー

ホーム >  障害について知ろう >  強迫性障害(強迫症)に向いてる仕事の種類と就職・転職におすすめの方法
障害について知ろう
障害について知ろう

強迫性障害(強迫症)に向いてる仕事の種類と就職・転職におすすめの方法

ここからページの内容です

強迫性障害(強迫症)に向いてる仕事の種類と就職・転職におすすめの方法

強迫性障害(強迫症)の方はもちろん、その他の障害をもっている方の仕事選びは非常に大切。適職を見つけられるかどうかで、就職した後に継続して働けるかどうかにも影響してきます。

しかし、その仕事が強迫性障害(強迫症)に向いてる、向いてないという判断は自分だけでは難しいもの。

そこで、このページでは、強迫性障害(強迫症)の方に向いている仕事について、障害の特徴と併せて一緒に見ていこうと思います。

強迫性障害(強迫症)のあなたの仕事選びの参考になるかと思いますので、ぜひ実際に働くイメージをしながらご覧ください。

監修:池田 倫太郎

株式会社チャレンジド・アソウ立ち上げの中心メンバー。就労移行支援事業、就労定着支援事業、特例子会社の運営を行う。

チャレンジド・アソウ広島事業所 / チャレンジド・アソウ大阪事業所 / チャレンジド・アソウ新大阪事業所 管理者 サービス管理責任者

目次

強迫性障害の特徴・症状と仕事における特性

強迫性障害強迫神経症)は、生活の中で自分の意に反した不安や不快なイメージを抱き、抑えようとしても抑えられずにその考えを打ち消そうとして、過剰な行動を繰り返すという特徴をもちます。

些細なことでも気になったら止められないため、そのことで及ぼすあらゆる影響に強迫性障害をもつ本人は苦しみ、また家族や周囲の人たちにも大きな負担となります。

強迫性障害の具体的な症状としては、わずかな汚れが気になる(潔癖を含む)、戸締りをしたか何度も確認しないと安心しない、些細な事に対しても縁起の良い数字でないと気が済まないなどがあります。これらの症状は不安が基礎となる症状なので、強迫性障害(強迫神経症)は不安障害に分類される神経症の一つです。

この強迫性障害(強迫症)には大きく分けて「強迫観念」と「強迫行為」の二つの症状が挙げられ、仕事においても影響が出ます。

強迫観念

強迫観念は、不安、恐怖といった嫌な感情や精神的な苦痛の原因から現れるものです。自分の意に反して何度もイメージが繰り返し思い浮かぶため、仕事中にも思い過したり抑え込んだりすることが難しく、強迫観念を打ち消したい衝動に駆られるのです。

強迫観念は日常生活の些細なことがきっかけで現れるとされています。

強迫行為

強迫行為は強迫観念を打ち消したい衝動で起きる行動です。具体的には確認行為や洗浄行為などがあります。強迫行為を行うことで一時的に安心しますが、次に同じような状況になった時、また強迫行為をせずにはいられなくなります。

強迫観念と強迫行為の悪循環を繰り返しているうちに、症状に捕らわれる時間が増えて日常生活に支障が及びます。

こうした、仕事中に強迫行為が抑えられずに業務上の支障がでるなどで、苦痛や悩みを持つ人もいます。また、その苦痛がもたらす二次障害として抑うつ状態や、さらなる精神疾患を併発する可能性もあります。

強迫性障害に向いてる仕事と探すときのポイント

以上のような強迫性障害の特徴から、強迫性障害の方が仕事探しをする際には、以下のようなポイントを確認しましょう。

  • 自分のペースで仕事ができるかどうか
  • 強迫行為が起こっても仕事に支障が出ないかどうか
  • 仕事上で確認作業が多くないかどうか
  • ミスのできない仕事かどうか
  • 一人でできる仕事かどうか
  • 仕事が遅いと周りに迷惑がかかるかどうか

強迫性障害に向いてる仕事

上記のようなポイントを押さえた上で強迫性障害(強迫症)に向いている仕事をいくつかご紹介したいと思います。必ずしもすべての強迫性障害の方に向いている仕事というわけではありませんので、あくまでも一例としてご参考ください。

職場に馴染む必要がない仕事・一人でもできる仕事

  • ライター、WEBライター
  • データ入力業務
  • DTPデザイナー、WEBデザイナー
  • 工場の作業スタッフ
  • 歩合制の営業職

不向きな職種、苦手なこと

一方、強迫性障害の方にとって、不向きな仕事や苦手なこととして、確認作業の多い仕事やミスの許されない仕事、汚れなど強迫観念を生じる仕事、自分のペースでできない仕事が挙げられます。

  • 確認項目の多い事務職
  • ミスが許されないデータ入力業務
  • 清掃員
  • 警備員

強迫性障害の仕事探し、就職・転職におすすめの方法

強迫性障害(強迫症)の方が就職や転職、再就職をするときには以下のようなサービスを利用することで仕事探し、就職、転職がスムーズに進められるのでおすすめです。

ハローワークの専門援助窓口(障害者窓口)を利用する

ハローワークは求人紹介件数が多いため、仕事探しをするにあたって真っ先に思いつく相談先でしょう。ハローワークにはもちろん障害のある方専門の窓口もあります。ハローワークに就職相談する場合は、障害者雇用・一般雇用枠どちらでも、自分の強迫性障害の症状に合った応募先の相談が可能となっています。

障害のある人を対象とした人材紹介会社を利用する

障害のある人を対象とした人材紹介会社では、仕事内容や職場環境など具体的な情報が豊富であることが多いです。そのため、自分の強迫性障害の症状とも相性のいい求人を紹介してもらえる可能性が高いと言えます。

就労移行支援を利用する

就労移行支援は障害者総合支援法に基づく福祉サービスのひとつ。就労移行支援では、一般企業への就労を目指す、障害や難病のある休職中、離職中の方が利用できます。精神疾患のある方を支援の対象としている就労移行支援事業所も多いため、不安障害にも分類される強迫性障害のある人も利用可能です。

就労移行支援とは

就労移行支援とは、障害者総合支援法に規定される障害福祉サービス(自立支援給付)の中の訓練等給付に位置付けられるサービスです。このサービスを提供する事業所のことを就労移行支援事業所と言います。

障害をもっていて一般就労したいけど就職が決まらない方、履歴書の作成や面接、コミュニケーション等が苦手な方、これまで仕事が長続きせずキャリア作りができない方など、就職に困っている障害者の方の就職から定着までをサポートしてくれます。</p>

就労移行支援と同じ障害福祉サービス(自立支援給付)として、就労継続A型事業所(雇用型)と就労継続B型事業所(非雇用型)がありますが、就労移行支援事業所では、「2年間」という利用期間の中で、一般企業に就職しその後も引き続き働き続けられるように「就労継続」を目指して支援します。

就労移行支援サービスの具体的な内容

強迫性障害の方が就職を目指すためのトレーニング

強迫性障害の方が就職して働き続けるために必要なスキルをトレーニングで習得し、自己理解や仕事への理解を深め、職場実習を経て、自分のやりたい仕事、できる仕事を厳選していきます。

強迫症の方のための就職活動の支援

就職活動をする段階に入ったら、就労移行支援事業所の社員が、履歴書・職務経歴書の添削や、求人票のチェック、面接同行等をおこなってくれます。就職が決まるまでの間ずっと、社員が相談に乗ってくれるため、一人で仕事探しをするよりもリズムを大きく崩すことなく就職活動をすることができるでしょう。

働き続けるための就職後の定着支援

就職が決まっても支援がそこで終わるわけではありません。就労移行支援では就職後もその仕事を続けていけるように、強迫性障害の方が仕事に定着できるようサポートしてくれます。定着支援では、就労移行支援事業所の社員が、強迫性障害の方が実際に職場で経験したことや仕事で困っていること等の相談に応じたり、時には企業と相談したりしてくれるため一人で悩むことなく、ストレスや不安を溜め込むことも少ないといえます。

資料請求・お問い合わせ

アソウ・ヒューマニーセンター運営サイト

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.