メイン画像へジャンプ
障害者の就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ

メニュー

ホーム >  障害について知ろう >  うつ病とは?特徴や原因・症状の種類・治療法~社会復帰・就職に向けて
障害について知ろう
障害について知ろう

うつ病とは?特徴や原因・症状の種類・治療法~社会復帰・就職に向けて

ここからページの内容です

うつ病は”こころ”と”からだ”の病気とされ、精神的なストレスと身体的なストレスが重なるなど、様々な理由により脳の機能に障害が起こっている状態です。

最近ちゃんと眠れない、食欲がない、いろんなことに興味がない、気分が落ち込んだ状態が1日中続くなどが当てはまる場合、うつ病と診断される可能性があります。

うつ病になると脳がうまく機能していないので、普段当たり前にできていたこともできなくなったりします。そのため、自分がダメな人間だと感じてしまったり、ネガティブな思考に囚われてしまい、よりつらい状態に陥ってしまいます。

うつ病は早めに治療を始めるほど症状の回復も早いとされています。無理せず早めに専門の機関に相談し、まずはゆっくり休養をとることも必要です。うつ病は「克服する」という意識よりも「うまく付き合っていく」という考え方も大切です。

監修:池田 倫太郎

株式会社チャレンジド・アソウ立ち上げの中心メンバー。就労移行支援事業、就労定着支援事業、特例子会社の運営を行う。

チャレンジド・アソウ広島事業所 / チャレンジド・アソウ大阪事業所 / チャレンジド・アソウ新大阪事業所 管理者 サービス管理責任者

目次

うつ病とは?特徴と症状、発症の要因

一般的にうつ病というと「憂うつである」「気分が落ち込んでいる」状態をイメージしますが、こうした状態の症状は抑うつ気分と言い、精神医学では抑うつ状態という用語を使用することが多いようです。

そして、うつ病とは、うつ状態がある程度以上、重度であるときの呼称とされています。

うつ病と一言で表しても、その種類は多岐に渡ります。うつに分類されるものは症状の現れ方や治療法によって異なるため、まずは自分にどのような症状があるか客観的に確認することが大切です。

自分で鬱だと感じる症状

絶望感、憂うつな気分、落ち込んでいる、悲しい、空しい、不安、イライラする、集中力がない、好きだったことを楽しめない、行動を起こす力が出ない、眠れない、自責の念、マイナス思考、消えたい・死にたい気持ちになる、朝片が辛く日暮れにつれて軽快する「日内変動」 などの症状

周りの人が気付く症状

暗い表情、涙もろくなる、反応が薄い・遅い、落ち着かない、飲酒が増える、休みがちになる などの症状

体に出る症状

疲れやすくなる、不眠、睡眠過多、胃の不調、めまい、肩こり、頭痛 などの症状

うつ病を発症する要因

うつ病を発症する要因は複数考えられ、代表的なものは、その原因からみて外因性(身体因性)、内因性、心因性(性格環境因性)と分けることがあります。

うつ病には人によって様々な原因がありますが、典型的なうつ病は内因性うつ病で、うつ状態が一定期間経過すると症状が軽快するとされていますが、治った後も繰り返し再発することがあります。

うつ病の分類

外因性(身体因性)うつ病 脳の病気(アルツハイマー型認知症など)、体の病気(甲状腺機能低下症など)、薬剤(副腎皮質ステロイドなど)などが原因となり発症するうつ病
内因性うつ病 典型的なうつ病のこと。抗うつ薬が効き、治療しなくても一定期間内に良くなるといわれるが、本人の苦しみや自殺の危険などを考えると、早く治療することが望ましい※躁状態がある場合は双極性障害
心因性(性格環境因性)うつ病 性格や環境がうつ状態に強く関係するうつ病。抑うつ神経症(神経症性抑うつ)と呼ばれることもあり、環境の影響が強い場合は反応性うつ病とされる場合もある

最近では、うつ病発症の原因を重視したうつ病分類とは異なる視点からの分類がよく用いられています。

たとえば、アメリカ精神医学会の診断基準DSM-Ⅳには「気分障害」という項目があり、うつ病性障害と双極性障害に分けて表しています。

うつ病の原因と治療方法

うつ病の原因

典型的なうつ病といえるのは、前述した要因のなかの内因性うつ病で、一定時間うつ状態が持続しますが、抗うつ薬が効き、治療しなくても一定期間内に良くなるとされます。この状態はうつ病性挿話と呼ばれます。うつ病性挿話は再発することがあるのも特徴です。

内因性うつ病は環境から受けるストレスなどがきっかけとなる場合だけでなく、何も原因と考えられることがないまま発症するケースもあります。このタイプのうつ病は、脳内の神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリンなど)の働きが悪くなっていると推察されていますが、これはセロトニンやノルアドレナリンに対する薬が効くことがあるためであり、未だはっきりと原因が解明されたわけではありません。

そのほか、外因性(身体因性)うつ病や心因性(性格環境因性)うつ病などへの脳内神経伝達物質の関与についても、はっきりと分かっているわけではないと考えておきましょう。

さらに、後述する非定型うつに分類されるうつ病では、環境や性格面の影響が大きいことが多いため、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の影響がそれほど大きいとは考えられていません。よって抗うつ薬が効かない場合もあるので、周囲のアドバイスが逆効果になることもあり注意が必要です。

うつ病の治療法

うつ病の治療法は、発症の要因が様々であるように、1人1人異なります。うつ状態を引き起こす原因がはっきりしているなら、その原因を取り除くことから始めましょう。

典型的な内因性うつ病ならば薬物療法での改善が期待できます。しかし、軽度のうつ病の場合、薬物療法の効果があまり期待できないことがあるので、薬での治療が絶対というわけではありません。

自分には本当に薬での治療が必要なのか、主治医に都度確認しながら治療を受けるようにしましょう。

性格や環境の影響が強い心因性(性格環境因性)うつ病の場合はカウンセリングや精神療法的アプローチが効果的とされています。時には環境の整備も必要です。ほかの病気や薬が原因となって発症する外因性(身体因性)うつ病の場合は、病気の治療・完治、処方されている薬の中止・変更などを考える必要があります。外因性(身体因性)うつ病や心因性(性格環境因性)うつ病の場合でも、うつ状態が重症の場合は抗うつ薬による治療も平行して行う必要があります。

うつ病の方はまずは休むことが必要だと休職を進める場合がありますが、一概にうつ病の方すべてが休職すべきということはできません。仕事を休んでじっくりと休養することが必要な場合と逆に仕事を続けた方がいい場合もあります。このように仕事ひとつをとってもうつ病の治療方針はひとつではないのです。

うつ病の治療に関してわからないことや不安なことが出てきたら主治医に相談することが大切。何でも相談できる関係を主治医と築くことはうつ病治療の第一歩です。主治医が治療に関する不安・疑問にちゃんと答えてくれない、自分の話をちゃんと聞いてくれない、というような場合は、セカンドオピニオンで他の複数の専門家の意見を聞き、納得できる治療を受けるようにしてください。

治療を受ける場合は、「うつ病」と一括りに考えて治療を受けるのではなく、「うつ病にもいろいろある」「治し方は一つではない」ということを理解しておくことが重要です。自分のうつ病と、他人のうつ病は違うものなので、自分のうつ病の症状にあった治療法を主治医と相談しながら取り組んでいきましょう。

うつ病の診断基準とセルフチェックの方法

うつ病の診断基準は、以下のSRQ-DやDSM-5といったものを用いるのが一般的です。自分でもチェックすることができるので、確認してみると良いでしょう。ただし、セルフチェックはあくまでも参考程度に考え、病院で専門家の診察を受けるようにしましょう。

SRQ-D(東邦大学方式うつ病自己評価尺度)

以下の質問に、「いいえ」「ときどき」「しばしば」「つねに」の4択で回答します。

1 体がだるく疲れやすいですか
2 騒音が気になりますか
3 最近気が沈んだり気が重くなることはありますか
4 音楽を聴いて楽しいですか
5 朝のうち特に無気力ですか
6 議論に熱中できますか
7 くびすじや肩がこって仕方がないですか
8 頭痛持ちですか
9 眠れないで朝早く目覚めることがありますか
10 事故や怪我をしやすいですか
11 食事がすすまず味がないですか
12 テレビを見ていて楽しいですか
13 息がつまって胸苦しくなることがありますか
14 のどの奥に物がつかえている感じがしますか
15 自分の人生がつまらなく感じますか
16 仕事の能率が上がらず何をするにもおっくうですか
17 以前にも現在と似た症状がありましたか
18 本来は仕事熱心で几帳面ですか

回答が終わったら、いいえ:0点、ときどき:1点、しばしば:2点、つねに:3点として数値を合計してください。(※「2」「4」「8」「10」「12」の質問は加点しない)

合計した数値を以下の表と照らし合わせ、10点以下なら抑うつはなし、16点以上なら抑うつ傾向ありと判断できます。

10点以下 抑うつはなし
11~15点 境界領域
16点以上 抑うつ傾向あり

DSM-5

以下の症状のうち5つ(またはそれ以上)が同じ2週間の間に存在し、以下の症状のうち少なくとも1つは「①抑うつ気分」、または「②興味または喜びの喪失」である場合、うつ病と診断されます。

ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分
ほとんど1日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんどすべての活動における興味または喜びの著しい減退
食事療法をしていないのに、有意の体重減少、または体重増加
ほとんど毎日の不眠または過眠
ほとんど毎日の精神運動焦燥または制止
ほとんど毎日の疲労感、または気力の減退
ほとんど毎日の無価値感、または過剰であるか不適切な罪責感
思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日認められる
死についての反復思考や特別な計画はないが反復的な自殺念慮、または自殺企図、または自殺するためのはっきりした計画

※上記症状により著しい苦痛または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能障害を引き起こしている
※これらの症状は一般身体疾患や物質依存(薬物またはアルコールなど)では説明できない

これら基準を参考にした上で、自分の症状に不安がある場合には病院で診察を受けるようにしましょう。

非定型うつ・躁うつの特徴

増加する「非定型うつ」の特徴

うつ病は様々な分類が提唱されています。定型うつ病はメランコリー親和型うつ病、内因性うつ病のような典型的なうつ病の症状で、自分を責めたり自傷行為に至る傾向があります。

一方で、非定型うつは環境や状態によって調子が良くなったり悪くなったりするうつ病で、自分以外のものに攻撃的になる傾向があります。非定型うつは別名が複数あり、逃避型うつ、ディスチミア型うつがあり、またメディアの造語として新型うつなどが挙げられます。

個人で差がありますが、以下では非定型うつで見られる症状の一例を挙げていきます。

  • いいことがあれば調子がよくなり、嫌なことや悪いことがあれば気分が落ち込む「気分性反応」がみられる
  • 楽しい時の興味や喜びは喪失しない
  • 食欲の低下や不眠が見られず、一方で食欲の増加や過眠が見られる(逆自立神経症状)
  • 全身に疲労感や、体が鉛の様に重く感じる倦怠感(鉛様疲労感)がみられる
  • 自分には価値がない、悪いことをしているかもしれないといった自責の念はみられず、他罰的になる
  • 夕方~夜にかけて憂鬱になるなど、症状が出やすい
  • 漠然とした不安感や恐怖感にかられる
  • 褒め言葉が皮肉に聞こえるなど、人間関係において過敏に反応・感情的になる
  • プライドや自己愛が強く、指摘されたり意に介しない事をさせられるのが耐え難い

ここのように、様々な症状が見られます。非定型うつの人口は年々増えており、若い人を中心に100万人を超えているともいわれています。

現代の「団塊の世代」の人たちが若い頃には「定型うつ病」が流行っていたため、今の若い人たちの間で流行る「非定型うつ」は理解し難いこともあり、世代違いでの人間関係がうまくいかないことも、この病気の一つといえます。

非定型うつ病に対する誤解と理解

この病気の難点は、周りの人の理解を得難いことです。

職場や学校ではうつ状態で休んでいるのに対し、プライベートでは元気な様子の患者を見た周りの人は、仮病などを疑い、不信感や偏見の目を持つことが多いのです。

一方で、患者は環境に気分が左右されることで苦しみ、疲れ、困っているのです。

気が付きにくい「躁うつ」の特徴

うつ状態は落ち込んだりふさぎこんでしまい、活動的でないため破壊行為や迷惑行為に走ることはあまりありません。

しかし、躁うつ状態は一時的に活動的な状態になり、極端な行動に走ることがあります。力なくふさぎ込んでいると思えば激しく怒り人を罵る発言をしたり、衝動買いや、時間を問わない迷惑行為、突然の仕事の再開、多弁、不眠や食欲などの躁状態になるのです。

躁うつ病はうつ状態と躁うつ状態を繰り返します。躁うつ病の難しい所は、人によっては躁状態になるサイクルが年に数回など、長いスパンで見なければわからない場合もあり、周りの人も本人も躁状態の様子から「うつが治った」と思って安心してしまうのです。

うつ状態と躁うつ状態では処方される薬も違ってくる為、正確な診断をするためには躁・うつ両方の症状を記録するなど、周りの人が協力することで正確な診断に繋がります。

うつ病の人との接し方

否定をせず受け入れる

家族や周りの人がうつ病にかかると、「死にたい」「自傷行為をした」「薬・アルコールを大量摂取した」などの話を聞く場合があります。これらは「しがみつき行為」と呼ばれ、自分が生きている実感を得るための行為です。

うつ病の人に対する接し方は「当事者の生き方における対処法を変えない事」が原則とされています。

例えば、休みたくないという人に「休むべき」、自傷行為や自殺行為をした人に「二度とやるな」、死にたいという人に「そんなこと言ってはいけない」といったような対応は避けるべきで、うつ病の人の考えや行動を否定する言葉を返さないことを意識することが大切です。

うつ病の人は、長期にわたり自分で自分を否定した末、それでも生きるために必死になっている心の様子を発言・行動で示しているため、相手の言葉を引き出すように受け入れていくと良いでしょう。

自分の意見を押し付けない

うつ病の人は思考が自己否定的な状態になっていることが多く、どんな話を聞いても「自分はダメだ」というように思考回路が否定的な考えになり、非常に疲れている状態です。

うつ状態は自己否定の考えで自分を断崖絶壁に追い込んでいます。そこに、他人の意見を押し付けると足場ごと崩れてしまうのです。「みんな同じだよ」「落ち込んでいられないよ」「そういう考えはやめた方がいい」など、意見を強要せず優しく受け止めることが大切です。

また「頑張れ」という言葉を言ってはいけないことは多く知られていますが、これはうつ病の人にとっては崖っぷちにいる所で背中を押されているのと同じ感覚なのです。

頑張れと言われたうつ病の人からは「今でもこんなに頑張って生きているのに」、「もうこれ以上頑張れない」、「どう頑張ったらいいんだ」というような反応があるように、一見元気づけたい言葉にも捉えられますが、うつ病の人には「頑張りなさい」という意見を押し付けているので注意が必要です。

うつ病で病院を受診するとき

病院の選び方

うつ病の疑いがあり、病院での受診を考えている場合は精神科に行くと良いでしょう。最近はメンタルクリニックなどの名目にされている場合もあります。

また、心療内科や神経内科は、内科などを中心にしている医師が心の不調も受け付けているという場合が多いため、精神面を中心に受け付けている精神保健指定医が在籍している精神科で受診することをお勧めします。

病院に行くタイミング

生活に支障が出るほどの落ち込みやイライラ、意欲の低下、心理的な違和感などの症状が続く場合は、精神科病院を受診することをお勧めします。

症状が続いて受診を考える目安は2週間とされています。心と体は連動しているため、心理的な負担は体に現れます。

例えば、うつ状態の自覚がなくても、耳鳴りや胃痛、不眠など様々な変化が体に現れ始め、仕事や学校に行けなったことをきっかけに病院を受診すると心理的要因が判明されるということもあります。

「こんなことで受診なんて」と思いとどまるより、深刻化する前に専門家に相談することが大切なのです。

うつ病から社会復帰・就職へ

社会復帰を焦らない事

うつ病は、うつ病になるまでの時間より治るまでの時間の方が何倍もかかると言われています。厚生労働省の発表ではうつ病の再発率は60%となっており、再発を繰り返すと再発率はさらに高くなっていきます。

会社を休職・退職して「お金がない」「仕事をしていないのが情けない」と焦りの理由は人それぞれですが、うつ病の症状は「これ以上続けるのは危険」と体が発しているサインなのです。

うつ病と診断されたら復職を焦らず、まずはしっかりと療養するようにしましょう。そして、徐々に社会に復帰するための訓練やリハビリを経て、短時間勤務や障害者枠などで調子の波を調節できる環境のもとで社会復帰することが大切です。

症状の再発を防ぐには本人が社会復帰を焦らないこと、周りの人も休業中に安心できる環境を作っていくことが復帰への近道なのです。

サポートを受けて就職しよう

うつ病の症状が安定してきて社会復帰を目指すものの、復学や就労には至らないという方もいるでしょう。

このような場合は、社会復帰に向けて必要なスキルを身に着ける支援機関を利用することをお勧めします。

支援機関のうち、就労移行支援事業所では診察、服薬、体調管理といった生活面も視野に入れ、働くためのビジネススキルやコミュニケーションの取り方などを練習して、仕事探しや就職・転職に繋ぐことができます。

就労移行支援事業所は就職だけでなく、就職後の職場定着もサポートしてくれます。定着支援のある・なしでは、就職後の職場定着率が約22%も差があるといわれています。

うつ病の人が社会復帰や継続した就労をするためには、支援機関や相談相手がいることがとても重要なのです。

まずはお気軽にご相談ください!

みなさんに安心してご利用いただくために、チャレンジド・アソウでは事業所見学や体験利用をおすすめしています。

実際にご自身の目で事業所の雰囲気やプログラムを確認してみませんか?

092-752-0500
受付時間 平日9:00~18:00

まずは「資料請求」をする

「見学・相談」の予約をする

※ご家族の方もお気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせ

アソウ・ヒューマニーセンター運営サイト

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.