メイン画像へジャンプ
障害者の就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ

メニュー

ホーム >  障害について知ろう >  双極性障害Ⅱ型の人の就職や仕事の選び方は?症状と付き合える職業はある?
障害について知ろう
障害について知ろう

双極性障害Ⅱ型の人の就職や仕事の選び方は?症状と付き合える職業はある?

ここからページの内容です

双極性障害Ⅱ型の人の就職や仕事の選び方は?症状と付き合える職業はある?

双極性障害Ⅱ型は、症状からくる気分や体調の波が大きい病気です。一方で、もとは社交的で気配りができ、ユーモアのある人が多いともいわれます。

ここでは、双極性Ⅱ型の人の仕事の探し方、就職するにあたっての注意点を紹介します。

監修:池田 倫太郎

株式会社チャレンジド・アソウ立ち上げの中心メンバー。就労移行支援事業、就労定着支援事業、特例子会社の運営を行う。

チャレンジド・アソウ広島事業所 / チャレンジド・アソウ大阪事業所 / チャレンジド・アソウ新大阪事業所 管理者 サービス管理責任者

目次

双極性障害Ⅱ型とは

双極性障害はかつて「躁うつ病」と呼ばれた通り、うつ状態と、その対極にある躁状態を繰り返す病気で、精神疾患のなかでは気分障害にあたります。

一番の特徴は躁状態を伴うことで、病的な興奮状態が出現し、トラブルを起こしてしまうことです。

躁状態の時の行動が日常生活や人間関係に大きな影響を及ぼし、入院が必要になる程度のものである場合は双極性Ⅰ型、行き過ぎた行動を取るものの入院を必要とするほどではない「軽躁状態」を伴うものは双極性Ⅱ型と診断されます。

双極性障害(躁うつ病)とは?

双極性障害Ⅱ型の原因

双極性障害の原因はまだはっきりとはわかっていませんが、遺伝的な体質があると考えられています。しかしこのような体質の人全てが双極性Ⅱ型になるのではなく、ストレスや周囲の環境が引き金となって発症すると考えられています。

双極性障害Ⅱ型の症状

双極性障害Ⅱ型の症状

うつ状態と軽躁状態、あるいは両者が混合した状態を繰り返すのが双極性Ⅱ型の症状です。病相によって全く違う人のようになります。

軽躁状態:別人のようなハイテンション

双極性Ⅱ型の人が軽躁状態にある時は、人が変わったようなハイテンションな状態が続きます。

精神疾患の診断基準となるDMS-5では、以下の項目のうち3つ以上に当てはまるものを「軽躁病」と定義しています。

  • 自尊心の肥大、または誇大
  • 睡眠欲求の減少(例:3時間眠っただけで十分な休息が取れたと感じる)
  • 普段より多弁であるか、しゃべり続けようとする切迫感
  • 観念奔逸、またはいくつもの考えがせめぎ合っているといった主観的な体験
  • 注意散漫が報告される、または観察される
  • 目標指向性の活動(社会的、職場または学校内、性的のいずれか)の増加。または精神運動焦燥
  • 困った結果になる可能性が高い活動に熱中する(例:制御のきかない買いあさり、性的無分別、またはばかげた事業への投資などに専念すること)

周囲は異変に気付きますが、本人は「これが普通の自分だ」と思っているので、他人の意見をあまり聞き入れません。

うつ状態:気分の落ち込みだけではない不調

双極性Ⅱ型では、Ⅰ型よりもうつ状態が長く出やすい傾向にあります。

  • 一日中ゆううつな気分が続く
  • 動作や頭の動きが鈍る(制止)
  • 意欲が減退し、好きなことにも興味が湧かなくなる
  • からだ全体の調子が悪くなり動けなくなる

うつ状態が重くなると、自分を無価値な人間だと思い(希少念慮)、死にたいという気持ちに発展します(希死念慮)。

混合状態:自殺率が高い要注意期

軽躁状態とうつ状態が同時に存在しているのが混合状態です。軽躁状態からうつ状態に転じたとき、軽躁状態にあったときの爽快感とのギャップに耐えきれず、破滅的な行動を取ることがあります。

また、気分はうつ状態にあるにも関わらず軽躁状態の行動力があるため、自殺率が高いともいわれます。

双極性障害Ⅱ型と関連が深い病気

双極性Ⅱ型の人の中には、軽微の発達障害、特にADHD(注意欠陥・多動性障害)を併せ持つ人も少なくありません。

また、いわゆる「うつ病」(単極性うつ病)と診断されていた人が、5年〜10年後に「双極性障害Ⅱ型」と正しい診断を受けることがあります。軽躁状態にあるときは病院に行かないため、発見が難しい病気でもあります。

双極性障害Ⅱ型の治療

双極性障害Ⅱ型の治療は主に服薬と、カウンセリングなどの心理療法で行います。正しい治療を受けていれば、気分や体調の波を最小限にできます。

しかし、再発防止や良好な状態(寛解期)を維持するために、ほぼ生涯にわたって服薬が必要になります。

双極性障害Ⅱ型で広く使われる薬は気分安定剤(リチウム、ラモトリギン、パルプロ酸など)です。気分や体調の波に応じて増量あるいは減量するか、軽躁状態の時には別の薬を追加(アリピプラゾールなど)するなどして、時期によって調整していきます。

また、「うつ状態」だからといって抗うつ剤、特に古い系統のものを使うと軽装状態を招きやすく、治療には良くない場合が多くあります。

双極性障害Ⅱ型の人に適した仕事

双極性障害Ⅱ型の人に適した仕事

双極性障害Ⅱ型の仕事上の特徴は以下のようなものです。

双極性障害Ⅱ型の特徴

1)病相が急変することがある

双極性Ⅱ型の人は、たった一晩の徹夜、たった一日のハードワークといった刺激をきっかけに、急に軽躁状態に転じることがあります。変化の予兆は、本人が認識できている場合と、できていない場合があります。

2)パフォーマンスにばらつきがある

双極性Ⅱ型の人は軽躁状態にあるときは非常に高いパフォーマンスを見せます。しかし軽躁状態の時に頑張りすぎると、反動でうつ状態に転じ、思考や体の動きが急激に鈍くなってしまいます。日によって大きく違う人もいます。

3)ストレスに敏感

特に人間関係から受けるストレスをきっかけに体調を大きく崩すことがあります。

4)周囲から変化を見過ごされがち

双極性Ⅱ型の人は、双極性Ⅰ型の人ほどの派手なトラブルを起こすわけではないため、周囲が変化に気づかないことが多くあります。自分から弱みや悩みを打ち明けるのが苦手な人も少なくありません。

双極性障害の人に必要なのは、第一は生活や睡眠のリズムを一定にすることです。また、軽躁状態のきっかけになる刺激を避けることが重要視されています。

単極性の「うつ病」との違い

双極性Ⅱ型の人は、うつ状態の期間が長いという特徴がありますが、いわゆる「うつ病」とは異なります。

うつ病は正しい治療を行えば完治することが多いですが、双極性障害は放っておくとほとんどの人が再発するため、ほぼ生涯にわたって予防が必要になります。

そのため、働き方についても長期にわたる配慮が必です。

双極性Ⅱ型の人に向いている仕事

双極性Ⅱ型の人の場合、職種よりも環境が大事です。個人差はありますが、好ましいのは以下のような環境です。

  • 変化が少なく、負荷が均一である仕事
  • 対人関係の少ない仕事
  • マイペースでできる仕事

例としては、

  • 事務職
  • 軽作業
  • データ入力などの在宅ワーク
  • アクセサリー作りなどの自宅作業

などが挙げられます。

双極性障害Ⅱ型の人に適していない仕事

双極性障害Ⅱ型の人に適していない仕事

双極性障害Ⅱ型の人が苦手、または向いていない仕事としては、以下のようなものが考えられます。

双極性障害Ⅱ型の人が苦手なこと

双極性障害Ⅱ型の人は、軽躁状態やうつ状態がいつ出現するか本人でも予測できません。

個人差はありますが、厳密な締め切りやノルマがある仕事で無理をしてしまうと、体調を大きく崩します。

双極性障害Ⅱ型の人に向いていない仕事

  • 工場などの早朝・深夜勤務:生活リズムを乱す
  • 営業職:無理に気持ちを高めなければならない場合がある
  • 転勤を伴う仕事:大きな環境の変化が軽躁あるいはうつ状態を招く
  • 接客業:対人ストレスに敏感なため

症状の重さや治療の過程にも個人差があるため、絶対にこれはやってはいけない、ということではありませんが、やはり生活に大きな変化が生まれたり、多くの対人関係を必要としたりする職業は避けた方がよいでしょう。

双極性障害Ⅱ型の人の仕事の探し方

双極性障害Ⅱ型の人の仕事の探し方

双極性障害Ⅱ型の人の仕事の探し方には、以下のような方法があります。

就職と障害者手帳

双極性障害Ⅱ型の人は、主治医の診断書などがあれば障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を取得することができます。

手帳を取得することで、税金の控除や公共料金の割引などを受けられますが、公共の就労支援サービスを利用するからといって必ずしも持たなければならないというものでもありません。

企業の障害者枠での就職

障害者雇用促進法により、企業や地方公共団体には一定の割合で障害者を雇用する義務が定められています。そのため一般雇用とは異なる採用基準を適用した「障害者雇用枠」を利用した就職活動が可能です。この場合は、障害者手帳の取得が必要です。

ただ、障害者雇用枠での就職活動には以下の特徴があります。

  • 企業側が意識して障害者の雇用枠を設けているため、支援体制や配慮を期待できる
  • 一般枠での応募よりも競争率が低い
  • 同じような障害を持つ社員と接することができる

一方、以下のようなデメリットもあります。

  • 障害者枠を設けている企業が限られている
  • 周囲の目が気になり、やりづらさを感じる人もいる
  • 一般枠よりも待遇が悪くなる場合も、少なからずある

就労移行支援など福祉サービスの利用

次に、就労移行支援などの福祉サービスの支援を受けて、一般企業への就職を目指す方法です。

障害者総合支援法に基づき、民間の企業や団体が多くの事業所を運営しています。これには種類があります。

1)就労移行支援事業所

利用者が、担当者と目的や計画を設定した上で、就職に必要な知識やスキル、体力を身につける場所です。同時に、様々なプログラムや職場体験を通して個人の適正を見極め、それに見合った求人情報を紹介してもらうことができます。

また、就職後も、定着するまでの一定期間、相談などの支援を受けられます。ただ、利用期間が原則2年間と限られていて、この間に就職できなかった場合は他の方法を探すことになります。

2)就労継続支援A型事業所

就労継続支援事業所にはA型とB型の2種類があります。

A型事業所は以下のような人を対象にしています。

  • 就労移行支援を利用したが、企業などの雇用に結びつかなかった人
  • 一般企業での就労は難しいが、支援があれば雇用契約のもとで働ける人

A型事業所は、スタッフの支援を受けながら働く場所で、飲食店や軽作業などの業務を行います。事業所との間に雇用契約を結ぶので、給料は事業所から最低賃金以上が支払われます。月収は、2015年では平均67,795円となっています。

3)就労継続支援B型事業所

次に就労継続支援のB型の場合です。B型事業所は以下のような人を対象にしています。

  • 就労移行支援や就労継続A型事業所を試したがうまくいかない人
  • 就労経験はあるものの、年齢や体力の面で企業などとの雇用契約が困難な人

B型事業所では雇用契約がなく、作業の成果に応じた報酬が「工賃」という形で支払われます。雇用契約はないため最低賃金を下回ることがあります。生活保護を受けながら就職の準備期間として利用する人もいます。

就労継続事業所では、いずれも準備が整えば、一般就労への支援を受けることができます。

(参照:厚生労働省「障害者の就労支援対策の状況」

ハローワークなどの専門窓口

ハローワークには障害者専門の相談窓口があります。病気の特性に応じて、就職の準備段階から職場定着まで、一貫した支援を受けることができます。

また、フルタイム雇用に不安が残る人は、時短などから始めるトライアル雇用を利用することもできます。

その他、障害者就業・生活支援センター地域障害者職業センターといった相談窓口があります。

障害年金について

双極性Ⅱ型の人は、発症時に基礎年金や厚生年金の加入要件を満たしていれば、障害基礎年金や障害厚生年金を受給することができます。

ただ、年金申請の手続きは複雑ですので、自力で行うのが困難な場合は、費用はかかりますが司法書士や社労士に依頼するのが良いでしょう。

仕事探しの「オープン」と「クローズ」

双極性Ⅱ型の人の就職活動には、2つの考え方があります。ひとつは病気や障害のことを職場に伝える「オープン」での求職で、これまで紹介してきた方法です。

これに対し、病気や障害のことを伝えずに仕事探しをする「クローズ」での求職です。どちらにもメリット・デメリットがあります。

オープン就労

  • 職場で必要な配慮をしてもらえる
  • 一方、障害者の求人枠では、業種が絞られる

クローズ就労

  • 一般求人も含めると、業種の選択肢が増える
  • 一方、職場での配慮を期待できないので、継続できるかの心配がある

これは、自分がどのくらい病状をコントロールできるのか、本当に働き続けられるのか、などをしっかりと見極める必要があります。

体調を崩して休職状態になってしまった時、双極性障害Ⅱ型の復職や定着状態はあまり芳しくないという調査結果もあり、また、波を繰り返せば繰り返すほど悪化していく病気であるともいわれています。

地域障害者職業センターでは、障害のオープン・クローズも含めて本人に適した働き方を見つける支援を行っています。適正検査なども受けられるので、こうした制度を利用して客観的に自分の状態を把握するのも良いでしょう。

双極性障害Ⅱ型の人への接し方

双極性障害Ⅱ型の人への接し方

双極性Ⅱ型の人は、軽躁状態にあるときは怒りっぽくなります。これは症状で、性格が激変したというわけではありませんので静観するのが良いでしょう。

また、症状とは別に薬の副作用やその日の体調で、頭や体のはたらきが鈍いときがあります。このようなときは、大声や早口での話は頭に入っていないことがありますので、ゆっくり話しましょう。

重いうつ状態に入ると光や音などの外からの刺激に弱くなります。静かな場所で休ませてください。

基本的にマイペースで物事をこなすのが良いとされていますので、約束事をするときなどは、重要なものでない限り、参加・不参加をギリギリになっても決められるようにすると良いでしょう。

職場に双極性障害Ⅱ型の人がいたら

職場に双極性障害Ⅱ型の人がいたら

双極性Ⅱ型は、Ⅰ型に比べて変調が外からは見えにくいという特徴があります。また、1日単位、あるいは季節によってうつ状態が悪化する人も多くいます。

そのため、「昨日は元気だったのに今日は動けない」といったことが多くありますので、急変を症状として受け止めること、不調を訴えやすい環境づくりが大切です。

本人が不調を訴えた場合、早退させるなどの柔軟な対応が好ましいといえます。毎朝声をかけ、体調を聞くのも良いでしょう。

また、疲労の認識が薄いという特徴があり、本人も周囲も知らぬ間に頑張りすぎてしまうことがあります。

普通に仕事ができているように見えても、仕事を増やすことは避けたほうが良いでしょう。本人の認識の70%程度の負荷が良いとされています。

まとめ

以上、双極性障害Ⅱ型の人の病気の症状、仕事の探し方について紹介してきました。

最も大切なのは本人の認識で、しっかりと自分自身を知ることです。「自分で思っているほど物事をこなせない」という現実を受け入れ、うつ状態や軽躁状態に転じる時にどんなサインが現れるか、その対処方法を知ってはじめて安定への第一歩といえます。

双極性障害Ⅱ型の場合、優秀でありながら頑張りすぎたために学業や仕事を継続できず、中退や退職に追い込まれた過去を持つ人が少なくありません。遠慮せずに自分の変調を早めに訴え、こまめな調整をすることで、長く働き続けられるでしょう。

まずはお気軽にご相談ください!

みなさんに安心してご利用いただくために、チャレンジド・アソウでは事業所見学や体験利用をおすすめしています。

実際にご自身の目で事業所の雰囲気やプログラムを確認してみませんか?

092-752-0500
受付時間 平日9:00~18:00

まずは「資料請求」をする

「見学・相談」の予約をする

※ご家族の方もお気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせ

アソウ・ヒューマニーセンター運営サイト

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.