メイン画像へジャンプ
障害者の就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ

メニュー

ホーム >  障害について知ろう >  発達障害の種類・特徴・原因と病院での診断・検査~就職や仕事・求人探しの方法
障害について知ろう
障害について知ろう

発達障害の種類・特徴・原因と病院での診断・検査~就職や仕事・求人探しの方法

ここからページの内容です

発達障害

最近は「大人の発達障害」がクローズアップされていますが、大人になってから発症することはありません。また、進行性の疾患でもないので、障害というより、社会適応力の問題ととらえる考え方もあります。

ここでは、発達障害の特性や病院での検査について説明し、障害のある方の仕事探しをお手伝いする就労移行支援を紹介しています。「就職してもうまくいかない」という方はぜひ参考にしてください。

監修:池田 倫太郎

株式会社チャレンジド・アソウ立ち上げの中心メンバー。就労移行支援事業、就労定着支援事業、特例子会社の運営を行う。

チャレンジド・アソウ広島事業所 / チャレンジド・アソウ大阪事業所 / チャレンジド・アソウ新大阪事業所 管理者 サービス管理責任者

目次

発達障害の3つの種類と特徴

発達障害

発達障害とは、体や心の発達が遅れているということではなく、認知や言語、行動、学習能力の一部など、ある特定の領域に困難さが見られる障害の総称です。

知的水準が全般的に低い知的障害(精神遅滞)とは異なり、得意な面と不得意な面をもつ、発達がアンバランスな状態を意味します。

発達障害は次の3つの種類に大別されますが、それぞれが単独で現れることは少なく、ASDとADHDが併存したり、ADHDとLDが併存する割合が高いことがわかっています。

ASD(自閉症スペクトラム)

自閉症スペクトラムは、「自閉症」「高機能自閉症」「アスペルガー症候群」を1つのカテゴリーに統合したものです。

以前はそれぞれ別の障害として対応されることが多かったのですが、症状が重なる部分が多く、どこからどこまでが自閉症か、あるいはアスペルガー症候群かというように明確に区別することが難しいため、これらは1つのスペクトラム(連続体)として位置づけられるようになりました。

自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群に共通する特性として、イギリスの精神科医ローナ・ウィングが次の3つの障害をあげています。これを「ウィングの3つ組」といいます。

① 社会性の障害

社会生活を送るうえでは、相手の気持ちを読みとり、それと同時に自分の言動が相手にどう思われるかを察して、良好な対人関係を築いていく必要があります。

ふつうは集団生活を通してこうした社会性を身に着けていきますが、自閉症傾向の強い方は、相手からどう思われるかを気にすることがなく、自分のやりたいように振る舞うため、周囲からは「非常識」「マナー知らず」と思われることが多くなります。

それは、もともと人に対する愛着心が薄いからで、乳幼児期は母親に甘えたり、ひとりにされても泣いたりすることがあまりありません。

自閉症の子どもは「手のかからない、おとなしい子」というのも特性の1つとされています。

② コミュニケーションの障害

言語発達に遅れがないアスペルガー症候群の場合は、人一倍おしゃべりで、難しい熟語や専門用語を使ったりします。

ところが、相手と言葉を交わして意思の疎通を図るというコミュ二ケーション手段としての言語の使い方を理解できていないため、一方的に言葉を発するばかりで、会話が成り立たないことがあります。

また、言外の意味をくみ取ることも苦手なため、冗談やお世辞、皮肉、慣用句、社交辞令など婉曲な表現は通じません。

「石の上にも3年だ」などと言われると、「石の上に3年もいられるわけがない」と頭が混乱してしまいます。

③ 想像力の障害

起床から食事、出勤、退社、就寝まで時間をきっちり決め、仕事も自分で決めた手順にひどくこだわります。何か1つでも変更を強いられるとパニック状態になり、頭を壁に打ち付けたりすることがあります。

これは、変更になった時間をどう過ごせばいいか想像することができないため強い不安に襲われてしまい、その不安を痛みで打ち消すために自傷行為に及ぶものと見られています。

こうした反復・限定的な行動はほかの面にも現れ、興味のあることには飽きることなく取り組み、とことん極めていくことができます。

しかし、興味の対象が狭く限定的なため、一般的な知識や教養には欠ける傾向があります。

最新の「DSM-5(アメリカ精神医学会による精神疾患診断・統計マニュアル第5版)」では、①と②をまとめて「社会的コミュニケーションの障害」とし、③を「興味の限局と常同的・反復的行動」とし、この2つを自閉症スペクトラムの定義としました。

ADHD(注意欠如多動性障害)

ADHDには「不注意」「多動性」「衝動性」の3つの行動特性があります。

これらが同時に現れることは少なく、どれが強く現れているかによって3つのタイプに分けられます。

●不注意優勢型

プランニング(段取り)の力が弱かったり、ワーキングメモリー(情報を一時的に記憶する能力)が弱いため、次々と思いついては消えてしまうので忘れ物やなくし物が多くなります。集中力が続かないので、やりかけの仕事を放り出してしまうこともあります。部屋の整理整頓などは苦手です。

●多動・衝動性優勢型

行動の抑制が難しいため、思いついたらすぐ実行せずにはいられません。ささいなことですぐカッとなりやすいタイプで、行列に並んで待つということも苦手です。学童期は、授業中にじっとしていられず立歩きをしたり、ほかの生徒にちょっかいを出したりして何かと悪目立ちする存在です。

多動性は中学生くらいになるとかなり落ち着きますが、後先を考えずに行動してしまう衝動性は成人期まで持ち越すことがあります。

●混合型

不注意と多動・衝動型の両方が現れるもので、これは子どもに多く見られます。

LD(学習障害)

学習障害は「読む」「書く」「計算・推論する」の領域のいずれかに習得の困難さが見られるものです。

知的能力が低いというわけではなく、話すことは上手なのに文字が読めない、文字は読めるのに正確な字を書けない、計算に時間がかかる、時間の計算ができないなど、特定の学習能力に遅れが認められる状態をいいます。

発達障害のグレーゾーン

発達障害に似た特性が現れるものの、ウィングの三つ組の障害は程度が軽い、ADHDやLDの診断基準を満たさないという場合は、白か黒かはっきり分けられないという意味で「グレーゾーン」と呼ばれています。

グレーゾーンにある人は、仕事は自分流のやり方で時間をかければ成し遂げることができます。しかし、発達障害の傾向があることを本人も周囲もわからないため、上司や同僚からは「わがままだ」「甘えている」「自己中心」などと非難の目で見られ、本人は生きにくさをいっそう強めることになります。

発達障害の発症には遺伝的要因と環境要因が関わっている

発達障害

発達障害の発症メカニズムは解明されていませんが、脳の認知機能の偏りが発症に関わっていると考えられています。
認知機能とは、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の五感を通して情報を取り込み(受容)、脳に届いた情報を記憶と照らし合わせてどのように対処すべきかを判断し(情報処理)、言葉や文字、身体運動として表現する(表出)までの一連の処理能力のことです。

今のところ、認知機能の偏りが生じる根本的な原因はわかっていませんが、遺伝的要因と環境要因が関与しているという説が有力視されています。

遺伝性の病気には、親から子へ受け継がれる遺伝子が主因となる「遺伝病」と、遺伝要因や環境要因が複合的に関わって遺伝子に変異が生じて発症する「遺伝子病(多因子疾患)」があり、発達障害の場合は多因子疾患と見られています。つまり、親が発達障害でも子供が発達障害になるとは限らず、遺伝は1つのリスク要因にすぎません。

一方の発達障害に関わる環境要因としては、ダイオキシン(プラスチックが燃焼したときに発生する物質)やPCB(ポリ塩化ビフェニル)、大気汚染などがあげられます。
これらが妊娠中の母体に侵入すると、体内で分泌されるさまざまホルモンの作用を阻害して、生まれてくる子どもの成長や行動などに影響をもたらすと考えられています。

ダイオキシンなどの化学物質のことを、体内の正常なホルモンの働きを乱すことから「内分泌攪乱物質」といい、一般的には「環境ホルモン」と呼ばれています。環境ホルモンのほかに、妊娠中のストレスや喫煙も発達障害の危険因子と見られています。

ただし、これらの1つ1つが原因になるということではなく、いくつかの危険因子が重なることで発症リスクが高くなると考えられています。ですから、発達障害のある人全員に共通する特定の原因はないというのが実情です。

発達障害には知能検査が用いられる

発達障害

発達障害の検査は、医療機関の規模や専門性によって異なりますが、まず、脳自体の器質的な異常がないかどうかを調べるために脳波検査や光トポグラフィー(脳の血流動体を見る検査)、身体疾患の有無を調べる血液検査、CT、MRIなどの画像検査が行われます。

問診や検査結果と、「DSM-5」や「ICD-10(WHOの国際疾病分類第10版)」を照らし合わせて総合的に診断します。

その結果、発達障害であることが判明した場合、知能検査(心理検査)を行います。これは、知的障害との違いを明らかにしたり、認知機能のどの領域に偏りがあるのかを把握するためのもので、発達障害の検査には欠かせません。

知能検査にはいろいろな種類がありますが、世界的に広く用いられているのが「ウェクスラー式知能検査」です。5歳から16歳11か月までの児童生徒用「WISC(ウィスク)-Ⅳ」と、それ以上の成人用「WAIS(ウェイス)-Ⅲ」があります。なお、2018年にWAIS-Ⅳに改定されましたが、まだ医療機関の多くはWAIS-Ⅲを用いています。

この検査では、全検査IQ(全体的な知能指数)と言語性IQと動作性IQを調べます。

全検査IQ

IQ(知能指数) 知的発達水準
130以上 非常に高い
129~120 高い
119~110 平均の上
109~90 平均
89~80 平均の下
79~70 境界域
69以下 知的障害(精神遅滞)

言語性IQと動作性IQ

言語性IQ 耳で聞いたことに口頭で答えるもので、言語的知能と聴覚的な情報処理能力に関する知能指数
動作性IQ 絵や記号を使って質問に答えるもので、視覚的、空間的な情報処理能力に関する知能指数

言語性と動作性の差(ディスクレパンシー)が15以上の場合に発達障害と診断されます。

このほかに言語性・動作性の下位項目を調べて、「言語理解」「注意記憶」「知覚統合」「処理速度」の4つの群指数を求め、個人内差(その人の中で高い能力と低い能力の差異)を見ます。下位項目は14の要素で構成されています。

大項目 下位項目と検査でわかること 群指数
言語性 下位項目:知識、類似、単語、理解の4つ
言語的な知識を状況に合わせて応用できる力
言語理解
下位項目:算数、数唱、語音整列の3つ
注意を持続させて聴覚的な情報を取り込み、記憶する力
注意記憶
動作性 下位項目:絵画完成、絵画配列、積木模様、組合せの4つ
視覚的な情報を取り込み、各要素を関連付けて全体に意味のあるものにまとめる力
知覚統合
下位項目:符号、記号探し、行列推理の3つ
視覚的な情報を、事務的に数多く正確に処理する力
処理速度

群指数の平均は100で、標準偏差が85~115です。たとえば、言語理解が60、注意記憶が100、知覚統合が70、処理速度が120の場合、言語理解が最も低く、知覚統合も標準偏差値を下回っています。

ここでは下位項目の具体的な内容を省略しますが、言語理解が低いのは、言葉で説明したり、会話を交わすことが苦手であること、知覚統合が低いのは、目で見たことを瞬時に理解したり、情報を頭の中でまとまめるのが困難であることが推測されます。

ウェクスラー式知能検査のメリットは、検査結果を折れ線グラフ(プロフィールパターン)にして視覚化するため、個人内差がひと目でわかる点です。

4つの群指数がどれも正常範囲内であればほぼ一直線のパターンになりますが、上例のように60、100、70、120と差がある場合は高低差の大きいM字型やW字型のパターンになります。それを見れば自分の特性とつまずきやすい領域を客観的に把握することができます。

ウェクスラー式知能検査を受けた当事者の中に、「この検査結果は『自分の取扱説明書』です」と言って大事にしている方がいますが、就職活動するときや生活設計を立てるときの判断材料としても活用することができます。

MEMO ウェクスラー式知能検査を受けるには

知能検査や心理検査は、受検者が事前に内容を知ってしまうと正当な評価ができなくなるため、検査の具体的な内容(設問)は公開されないことになっています。こうした検査は試験とは違いますから、点数にはこだわらず、自分の特性を正しく把握するための情報ととらえるようにしましょう。

ウェクスラー式知能検査は病院の精神科や心療内科のほか、民間のカウンセリングルームやクリニックでも実施しているところがあります。大学病院や公立病院は保険適用となりますが、民間の医療機関は自費診療が多いようです。受診する際は事前に確認するといいでしょう。

発達障害のある人も利用できる就労移行支援

発達障害

発達障害は12歳ごろまでにその特性が現れるものとされていますが、知的障害を伴わず、多動性や衝動性も目立たない子どもは発達障害であることに気づかれないまま成人期を迎えることがあります。

ところが、社会人になると環境は一変します。世の中には暗黙のルールがたくさんあり、子どものころは大目に見てもらえたことも大人になると「そんなことも知らないのか(できないのか)」と非難されることが多くなります。

常識やルールをよく理解できないのが発達障害の特性の1つですから、集団の中で孤立し、居場所をなくして職場を転々とするようになります。やがて心身ともに疲れてしまい、引きこもり状態になってしまうケースも少なくありません。

そのような方たちの就職活動を応援する制度が設けられています。2006 年に「障害者自立支援法」に基づいてスタートした「就労移行支援」という障害福祉サービスの1つです。

就労支援制度には「就労継続支援A型・B型」もありますが、「継続支援」は一般企業への就職が難しい障害者を対象としているのに対し、「移行支援」は一般企業への就職が見込める障害者を対象としています。就職後も職場に定着できるように引き続き支援するのが特徴です。

就労移行支援の利用要件と手続きの仕方は以下の通りです。

利用対象者

次の3つの要件を満たす方は利用することができます。

  1. 18歳以上65歳未満
  2. 身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方
  3. 一般企業への就労を希望し、就労可能と見込まれる方。あるいは開業することが見込まれる方

なお、障害者手帳を持っていなくても、医師の診断書か意見書があれば利用対象となります。

利用期間

職業訓練と就活期間が2年、就労後の定着支援期間が6か月です。2年で就職につながらなかった場合は、最大1年間の延長が可能です。ただし、市町村の審議会が延長を認めた場合に限られます。

就労後の定着支援期間は6か月ですが、2018年より新たに「就労定着支援」が始まり、6か月過ぎた後も最大3年間支援を受けられるようになりました。

利用料金

利用料金は厚生労働省によって定められており、9割を市町村が負担し、1割を利用者が事業所に支払います。本人の負担額は前年度の収入や通所日数によって決まるため、ほとんどの方が無料で利用されています。前年度の収入がおおむね300万~600万円の場合は1か月上限9,300円、年収がそれ以上の場合は1か月上限32,000円の自己負担が発生します。

支援サービスを受ける場所

利用者は就労移行支援事業所に定期的に通ってサービスを受けます。就労移行支援事業所は、社会福祉法人やNPО法人、民間企業が運営する施設で、市町村の指定を受けて福祉サービスを提供しています。

全国に約3,400か所の事業所があります。自分の住所地以外の事業所でも利用することができます。

利用手続きの仕方

福祉サービスを利用するときは、市町村が発行する「受給者証」が必要です。自分で通いたい就労移行支援事業所を探し、障害福祉課の窓口に「サービス等利用計画」と、本人が障害者であることを確認できる書類(障害者手帳か医師の診断書または意見書)を提出します。

利用計画書は、市町村の指定を受けた相談支援専門員に作成してもらうことができますし、就労移行支援事業所の担当者にサポートしてもらうこともできます。

審査が通ると受給者証が本人あてに送付されます。それが届いたら事業所との利用契約を結び、利用を開始する日を決めます。

就労移行支援事業所で受けられるサービス内容

発達障害

利用者はそれぞれ特性が異なり、抱えている課題も十人十色です。そのため、利用者と支援スタッフが面談を行い、その人に合った目標を立て、「個別支援計画書」を作成します。

最初に、「決められた時間、休まず集中して作業に取り組む習慣をつける」といった目標を掲げ、トレーニングの計画、実施、モニタリング(評価)を行いながら、最終的な定着支援へとつなげていきます。

1.仕事に必要なトレーニング(職業訓練)

カリキュラムは事業所によって異なりますが、チャレンジド・アソウでは、就職に必要なビジネスマナーやコミュニケーショントレーニング、パソコンスキルの講座を中心に、事務補助作業や商品管理業務などの実務実習も行っています。健康管理も重要課題のため、フィットネスやエアロビクス、ストレッチもカリキュラムに組み入れています。

職業訓練後期には、事業所と提携している企業で1~2週間、就労体験(インターンシップ)を実施します。社員と一緒に働くことで、自分に足りないところや逆に人より勝っている点に気づき、自己理解を深めることができます。

2.内定に直結した就職支援

事業所はトレーニングやインターンを通して本人の適性を把握し、本人に最も適した職場を探します。ただし、一般的な就労移行支援事業所は職業紹介所とは異なるので、直接仕事をあっせんすることはありません。ハローワークや障害者職業センターなどと連携して適職を探すことになります。

応募用紙の書き方や面接の受け方もレクチャーし、面接当日は必要に応じて同行します。

3.継続勤務を目指すための定着支援

就職後も、支援スタッフは定期面談や電話相談などを行いながら6か月間フォローします。本人には無理をしないで効率よく働く方法を助言し、職場の上司と同僚には、本人の能力を伸ばすための指導の仕方を提案します。

これによって本人は早く職場に適応でき、やがて支援スタッフのフォローを得なくても自立して働くことができるようになります。

まとめ

発達障害

就労移行支援事業所を利用して就職した人の、1年後の定着率は全国平均で70%というデータがあります。事業所によっては92%、90%という高い定着率を誇るところが少なくありません。

就職できたからゴールではなく、10年、20年と長く働き続けることを目標として就活をするべきで、そのためには就労移行支援事業所の選び方が重要になってきます。

就労移行支援事業所は市町村の障害福祉課で教えてもらうこともできますし、webサイトで調べることもできます。何か所かピックアップして、実際に見学や体験利用をして、支援スタッフやほかの利用者の様子もよくチェックしたうえで決めるようにしましょう。

まずはお気軽にご相談ください!

みなさんに安心してご利用いただくために、チャレンジド・アソウでは事業所見学や体験利用をおすすめしています。

実際にご自身の目で事業所の雰囲気やプログラムを確認してみませんか?

092-752-0500
受付時間 平日9:00~18:00

まずは「資料請求」をする

「見学・相談」の予約をする

※ご家族の方もお気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせ

アソウ・ヒューマニーセンター運営サイト

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.