新大阪ブログ
一ヶ月の流れの中でビジネスマナーを身に着けよう!

一ヶ月の流れの中でビジネスマナーを身に着けよう!

こんにちは!新大阪事業所の越智です。

すっかりお盆も過ぎ去りましたが、先日は地元で行われた盆踊りに参加しました。

輪の外で踊り子さんの動きを見て、まずは手の動き、そして足のステップを見よう見まねで踊っていましたが、「実際に踊り子さんの横で踊らないとわからないな!」と感じ、思い切って輪の中に入りました。

輪に入った直後は完全に一人だけ違う踊りをしていましたが、繰り返していくうちに楽しめるようになってきていました…!

少しの時間でしたが、輪に沿って踊ることは日常生活の中でも直面しないことですので、その時その時のことを大事に思うことで一つ一つの行動や価値観が違ってくるのだなと感じた今日この頃です。

さて、今回はチャレンジド・アソウの一ヵ月間の流れのご紹介です。


企業に就職すると、

日ごとに行う「デイリーワーク」

週ごとに行う「ウィークリーワーク」

月ごとに行う「マンスリーワーク」

といったルーティンワークを取りり入れている会社もあります。

チャレンジド・アソウのカリキュラムの中には含まれていませんが、通所の基本的な部分としてルーティンワークを取り入れ照りますいます。

<デイリーワーク>

訓練生は朝に通所した時から帰宅する時までに「データ日誌」を入力します。

項目は本日の目標や感想、社員に伝えたいことを書きます。

日誌内にある「体調管理シート」ではその日の体調、前の日の夜の入眠時間や起きた時間となどを記録し、仕事をするための体調を記録によって顧みることができます。

朝礼は毎日あり、連絡を聞いて一日の目標を発言。終礼時に所感を述べるという取組をしています。

<ウィークリーワーク>
朝礼では、一日の目標だけでなく週初めに「今週の目標」も発表します。

一週間をかけてできるようになりたいこと、どう過ごしたいかを考えることとなりますね。
週末には、目標に対してどうだったかの感想を終礼時に発表します。

<マンスリーワーク>
月の初めには「目標面談」でその月をどう過ごすかを社員と訓練生が個別で話し合う機会があります。

また、月末には一ヵ月間の通所日と、訓練を受けた時間を記入する「実績記録票」を作成します。

実績記録票は一ヵ月間分の表になっており、自分の勤怠状況を把握できるので今後のトレーニング計画の参考になりますね。

実績記録票の例

(画像はイメージです)

提出書類に関しては、ビジネス文書の実践にもなります。

間違った部分は二重線での訂正、そして訂正印を押すことを意識づけていくと良いですね◎

そして、前月の取り組みを振り返って、翌月の計画を立てる「目標面談シート」も作成します。

社員は提出された「目標面談シート」を基にして、次月初めに行われる「目標面談」で課題に対してどうトレーニングに取り組むかを考えていきます。

いかがでしたでしょうか。

チャレンジド・アソウで過ごすのは模擬会社としての一環で、カリキュラム以外でもビジネスマナーを身に着けて頂けるような取組をしています。

厳しいと思われるかもしれませんが、少しずつ、慣れていくまで社員も指導いたしますよ!

チャレンジド・アソウ新大阪事業所

チャレンジド・アソウ新大阪事業所の写真

〒532-0011 大阪市淀川区西中島1丁目11番16号
新大阪CSPビル本館1階

(阪急「南方駅」・地下鉄「西中島南方駅」徒歩1分、JR・地下鉄「新大阪駅」徒歩13分)

TEL:06-6309-7060