博多ブログ
『説明書』がないのが当たりまえの時代

『説明書』がないのが当たりまえの時代

こんにちは。チャレンジド・アソウ博多事業所の山本です。

 

在宅でお仕事をするのに『zoom』などのチャットツールが欠かせなくなりましたね。

 

私も今日は久しぶりに在宅なのですが、タブレットにzoomをインストールしました。

 

色々と設定をしながらふと思ったのですが、昔は何にでも「説明書」がありました。

紙の説明書を片手に、それと見比べながらものを組立てたり、機械を操作したり。

 

思えばパソコンも携帯電話もソフトも、昔は分厚い説明書が付いていたものです。

 

ところが最近は説明書が無い場合が多くなってきました。

特にIT機器やダウンロードしたソフトにおいては、ほぼ使い方が明記されていません。

今もタブレットにzoomを設定するのに、「これかな?いや、こうかな??」と、

試行錯誤しながら操作しました。

 

たまにスマホで面白そうなゲームを見つけ、インストールすることがあるのですが、

操作方法も遊び方が全然わからず、結局すぐにアンインストールするのが常です。

 

たぶん、どこかを見ればわかるのでしょう。

でも、そのどこかを探すのにも「それ相応の知識と経験」が必要な気がします。

 

今の若い世代の皆さんは、普通にサクサクと操作していますが、本当に不思議です。

若い方は応用力があるのでしょうか?それとも私がマニュアル人間なのでしょうか…

 

「説明書」が無くても大丈夫な人もいれば、それがなければ困る人もいます。

 

仕事に関しても同じです。何も見ずとも応用を利かして次の事が出来る人もいれば、

手順書がなければ動けない人もいます。

 

でも必ずしも前者が優秀というわけではありません。

なんとなく分かるからといって、説明書を見ず勝手にやって失敗する危険があります。

逆に手順書通りにしか出来ない人は、その通りにさえやっていればミスがありません。

 

いろんなタイプの人たちが居て、それぞれが最大限の力を発揮できるような仕組みを

作っていかなければならないなと改めて思いました。

 


チャレンジド・アソウ博多事業所

チャレンジド・アソウ博多事業所の写真

〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1-15-20
NMF博多駅前ビル10階

(JR博多駅から徒歩1分)

TEL:092-477-3677