ブログ
5月号 「資格取得が、仕事でのやりがいに」

5月号 「資格取得が、仕事でのやりがいに」

就職者の声 Sさん【20代/男性/身体障がい/事務職】

発行:福岡本社

PDFはこちら

右手にハンディがありつつも、テンキー入力の速度は訓練生の誰よりも速かったSさん。

初めての就職で働くことの厳しさを痛感することもありましたが、パソコン資格という自身の強みを活かし、日々やりがいを感じながら働いています。

Q.
現在はどのようなお仕事をしていますか?
A.
総務事務として、出勤簿のチェックや従業員の就業時間の集計、給与明細の確認、入社手続きの書類準備など、事務業務全般を行っています。
Q.
入社後、実際に働いてみていかがでしたか?
A.
働くことが初めてだったため、入社当初は報連相や周囲への気配り、仕事への姿勢など、さまざまなことを指導され、パソコンの資格だけでは通用しないという、働くことの厳しさを痛感しました。そこで、自分から積極的に行動することを意識し、苦手な電話もみずからとるようにしました。また自分自身の日報を作成し同じ指摘を受けないよう工夫しました。現在は、電話応対や来客応対も苦手意識はなくなりましたが、まだまだ教えていただくことがたくさんあります。
Q.
チャレンジド・アソウのトレーニングで、就職して役立ったことは?
A.
パソコントレーニングです。CS検定表計算部門2級を取得することができました。習得した機能や関数を使って作成した資料が実務で使われたり、計画の立て方が実務でも役立っていることが、やりがいにつながっています。
Q.
今後の目標を教えてください
A.
ミスをせず、自社や社会について理解し、すべての電話の問い合わせに1人で答えられるようになること。また、TOEICを受験するため、独学で勉強しています。まずは1年以内に700点以上を目指します。