障害者の方の就労移行支援
就労移行支援事業所でITスキルやWebデザインを学ぶことは可能?

就労移行支援事業所でITスキルやWebデザインを学ぶことは可能?

ITやWebの分野は在宅、遠隔で働けるので人気が高い業種。

障害や難病を抱えた人でも自分のペースで働きやすく、在宅や遠隔勤務をすることで通勤のストレスを避けることができるのでおすすめの仕事と言えるでしょう。

ITやWebデザインを学びたいと考える障害や難病を抱える方も実際たくさんいらっしゃると思いますが、通信教材などを利用してITやWebデザインを習得しようとすると非常に高額になりがち。

そんな時に是非お勧めしたいのが就労移行支援制度を利用したITやWebデザイン技術の習得です。

この記事ではITやWebデザインのような業種への就職を目指す障害や難病を抱える方に向けて就労移行支援制度を利用して費用負担を抑える方法、そしてこれら技術を習得する方法についてお話しをしていきます。

チャレンジド・アソウ 広島事業所 /
チャレンジド・アソウ 大阪事業所 /
チャレンジド・アソウ 新大阪事業所 管理者
サービス管理責任者

監修:池田 倫太郎

株式会社チャレンジド・アソウ
立ち上げの中心メンバー。
就労移行支援事業、就労定着支援事業、
特例子会社の運営を行う。

就労移行支援制度や事業所について

就労移行支援制度は一般企業に就職を目指す方をサポートすることを目的に作られた制度。

この就労移行支援制度を利用し、ビジネススキルやマナーを身に付けることができ、就職活動、就職成功後の職場定着をお手伝いするのが就労移行支援事業所です。

実際にこの記事を監修しているチャレンジドアソウも全国に展開する就労移行支援事業所です。

就労移行支援制度の対象者

就労移行支援制度の対象者は以下の通りです。

  • 18才以上、65才未満
  • 一般企業への就職の意思がある、可能である方
  • 現在、求職中である(一部自治体は例外もあります)

就労移行支援事業所で受けることができる就職、仕事探しのためのサービス

就労移行支援事業所ではこの記事のタイトルにあるようにITスキルやWebデザインなどの目指す就職のために必要なビジネススキルや仕事をしていく上で身に付けておくべきビジネスマナーを学ぶことができます。

さらに実際の就職活動時にはスタッフが面接や履歴書の書き方などをサポートしたり、就職が完了した後も職場に継続して通うことができるように職場定着支援を行ったりもします。

就労移行支援事業所で受けられるサービス一覧

カウンセリング ITスキルやWebデザインなど希望する職業や目標設定をお手伝い
ビジネススキル・マナーの習得 就職や仕事を進める上で必要なスキルやマナーを身に付ける
職場や職種体験・実践的なトレーニング 実際に就労移行支援事業所が提携している職場に出向いたりして実践的なトレーニングを積む
就職活動サポート 就職活動のための模擬面接を行ったり履歴書作成をサポート。必要であれば面接に同行
職場定着サポート 就職成功後、上司との緩衝を行ったり、問題点があれば交渉したりもします

ITスキルやWebデザインなどの専門スキルを学ぶには

では実際にITスキルやWebデザインを就労移行支援事業所で身に付けることは可能なのでしょうか?

また費用や期間はどれくらいになるのかを解説していきます。

ITスキルやWebデザイン用カリキュラムの用意があるかは事業所による

ITスキルやWebデザインはビジネススキルの中でも専門的な領域になりますので、全ての就労移行支援事業所が対応しているわけではありません。

また同じ事業所でもITスキルやWebデザイン用カリキュラムは東京にはあるけれど、大阪にはないなどのケースもあります。

ITスキルやWebデザインを就労移行支援事業所で身に付けたいのであれば、まずは評判の良い事業所に問い合わせてみるのが良いでしょう。

ITスキルやWebデザイン用カリキュラムの内容

もちろんITスキルやWebデザイン習得用のカリキュラムといっても、就労移行支援事業所により、内容は異なります。

そこでこの項目では一般的なITスキルやWebデザイン用カリキュラムの内容がどのようなものであるかをご紹介します。

一般的なカリキュラム内容

ITスキルやWebデザインを学ぶ上で、一般的には以下のような内容を学ぶことになります。

  1. ITスキルやWebデザインの基礎を知る
  2. 企画やワークフロー習得
  3. ツールなどを使った実践的なスキル

1番の基礎ではITスキルやWebデザインに関する基礎知識、Webリテラシーや営業スキルなど、ITスキルやWebデザインの仕事をしていく上での基礎を学ぶことが可能です。

次の”企画やワークフロー習得”とは実際のITスキルやWebデザイン制作現場を想定した企画を立ててみたり、仕事の流れや役割分担を考慮したワークフローを身に付けます。

これによりクライアントのリクエストを満たすことができるITスキルやWebデザインなど、受注から納品までの流れを理解します。

最後はデザインツールやシステムツールを使った実践的なもの。より実践的なスキル習得を目指します。

これらは授業形式で講義を受けるものと、予め用意された動画をみて自分のペースで学ぶスタイルのものがあり、わからない点などがあれば就労移行支援事業所の専門スタッフによるサポートを受けます。

費用や期間について

ITスキルやWebデザインを学ぶ上で、就労移行支援事業所に通うわけですが、実際の費用や期間はどのようになっているのでしょうか。

費用は前年度の世帯収入により変動。多くの方が無料で利用

就労移行支援事業所のサービスを利用する際の費用は利用者の前年度の世帯収入額により変動します。

実際には9割以上の方が就労移行支援事業所を利用しているというデータがありますので、費用についてはそれほど心配する必要はないかも知れません。

元々ITスキルやWebデザインを学ぶために通信講座などを申し込むと30万円以上の費用がかかることが多いです。

しかし就労移行支援制度を利用すれば、多くのかたが破格でITスキルやWebデザイン用カリキュラムを受けることが可能。

是非ITスキルやWebデザインを習得したい障害や難病を抱える方は就労移行支援制度を利用したいものです。

就労移行支援制度の利用料金

世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護受給世帯 0円
収入が概ね300万円以下の低所得世帯 0円
収入が概ね600万円以下の一般的な世帯 9,300円
収入が600万円以上の世帯 37,200円

就労移行支援制度の利用期間

就労移行支援制度の利用期間は原則2年間となっています。

これはITスキルやWebデザインを学ぶカリキュラムも同様です。

まとめ:利用料金だけでない、就労移行支援事業所を使うべき理由


ITスキルやWebデザインを学ぶために就労移行支援制度を利用し事業所に通うと利用料金の節約はもちろんメリットですが、それ以外にもメリットがあります。

通信講座や専門学校などの目的はスキルや知識の習得。

しかし就労移行支援事業所サービスは”就職と職場定着”が目標です。

そのためITスキルやWebデザインを学んだ後、どう実際に仕事場で活躍するかを就労移行支援事業所では学ぶことが可能なのが大きなメリット。

さらに就職後のことも考え、毎日決まった時間に就労移行支援事業所に通うことで、決まった時間に職場に通うというリズムを身に付けることができます。

これは在宅であっても同じこと。毎日決められた時間に仕事を始めることは何よりも大事です。

また事業所に通う仲間と切磋琢磨できることも大きいです。

同じように障害や難病を抱えているかたがそれぞれのゴールは違えど、毎日努力されている姿はお互いの励ましになるはず。

もちろん事業所のスタッフのサポートの存在は非常に大きいと実感いただけるはずです。

彼らは障害や難病を抱えている方の就職に関するいわば、プロ。困ったことや困難だと感じることがあれば、気軽に相談していきましょう。

きっと親身になって一緒に解決案を考えてくれるはずです。

まずはお気軽にお問合せください。

みなさんに安心してご利用いただくために、チャレンジド・アソウでは事業所見学や体験利用をおすすめしています。
実際にご自身の目で事業所の雰囲気やプログラムを
確認してみませんか?

092-752-0500

※ご家族の方もお気軽に
お問い合わせください。