メイン画像へジャンプ
障害者の就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ

メニュー

ホーム >  障害について知ろう >  アルコール依存症とは?診断基準とチェック方法、治療後は就労移行支援で就職
障害について知ろう
障害について知ろう

アルコール依存症とは?診断基準とチェック方法、治療後は就労移行支援で就職

ここからページの内容です

アルコール依存症とは?

監修:池田 倫太郎

株式会社チャレンジド・アソウ立ち上げの中心メンバー。就労移行支援事業、就労定着支援事業、特例子会社の運営を行う。

チャレンジド・アソウ広島事業所 / チャレンジド・アソウ大阪事業所 / チャレンジド・アソウ新大阪事業所 管理者 サービス管理責任者

目次

アルコール依存症とは

アルコール依存症とは、お酒を飲む時間や場所、量をコントロールできなくなる病気で、社会生活に支障をきたす、もしくは生活が破綻することもあります。

お酒は一滴も飲まない、という人から大量に飲む人まで、飲酒については人それぞれですが、一般的には飲酒量が増えるに従って、体の健康をはじめ様々な問題が生じてきます。

アルコール依存症はもっとも重篤なもので、本人の心身の健康だけでなく家族や職を失い、果ては自殺、または事故を起こし他人の命を奪うことすらある病気です。

厚生労働省の2013年の調査によると、日本では、アルコール依存症患者は109万人いると推計されています。

アルコール依存症の原因

アルコールは依存性のある薬物です。お酒を飲む人であれば、誰でもかかる可能性がある病気です。

アルコール依存症になるまで

習慣的に飲酒するようになると、体がアルコールに慣れて耐性がつき、それまでの少量の飲酒では酔った感じがせず満足できなくなり、飲酒量が増えていきます。

その後、2種類の依存、あるいはその両方が生じることでアルコール依存症が形成されていきます。

  • 精神的な依存(お酒がないと物足りない、などの精神的欲求)
  • 身体的な依存(お酒が切れると身体に不快な反応が出て、それを解消するための飲酒)

特に身体的な依存が強まると、数時間に一度はお酒を飲む「連続飲酒」をするようになり、これはアルコール依存症の特徴的な症状のひとつです。

アルコール依存症の原因

アルコール依存症になる原因としては、「酒に強い」という遺伝的要素があることに加え、様々な環境要因、性格などが考えられています。

「酒に強い・弱い」というと生まれつきのアルコール代謝の良し悪しを思い浮かべるかもしれませんが、実はそれだけではなく、神経細胞の遺伝的な違いや、神経活動の個人差によっても「強い・弱い」の違いがあり、アルコール依存症の危険要因になっていると考えられています。

また、アルコール依存症は、お酒に強くない人でも起きる病気です。ビール1杯でも顔が赤くなるのに依存症になった、という人もいます。

アルコール依存症の症状と末期までの経過

アルコール依存症がもたらす心身の病気や社会への影響は多岐に渡ります。また、アルコール依存症は、飲酒への依存が始まった段階から進行していく病気でもあります。

アルコール依存症の具体的症状

症状は様々ですが、代表的なものは以下です。

精神・心理的症状 飲酒渇望(状況に関わらずお酒を飲みたくなる)
否認と自己中心性(問題を認めない、周囲に配慮しない)
離脱症状 血中アルコール濃度低下時の心身症状:
手の震え、心悸亢進、発汗、嘔気、嘔吐、下痢、体温上昇、悪寒
睡眠障害、不安感、うつ状態、イライラ感、落ち着かない
けいれん発作、幻聴、せん妄
行動異常 連続飲酒(数時間ごとに飲酒する)
暴言・暴力
徘徊、行方不明
妄想

このように見ると、アルコール依存症には、日中から酒を飲み続けて酔って暴れる人、というイメージを持つかもしれませんが、静かに飲んでいても依存症に陥っていくタイプの人の方が多いのが実情です。

アルコール依存症の経過

アルコール依存症は以下のように進行していきます。

習慣飲酒 飲酒が習慣化 同じ量では酔えなくなり酒量が増加
依存症予備群 精神依存 ほぼ毎日飲む
飲まないと物足りない
ブラックアウト(記憶の欠落)が起きる
依存症初期 身体依存 酒が切れると、手の震え、発汗など離脱症状が起きる
健康診断で酒量を少なめに申告する
酒が原因の遅刻や欠勤、不注意が起き始める
家族から酒量を注意される
依存症中期 トラブルの頻発 二日酔いの不快を抑えるために迎え酒をするようになる
嘘をついたり隠れて飲んだりする
酒が原因の遅刻や原因、不注意が繰り返される
家庭内のトラブルが多くなる
職場で注意される
依存症末期 人生の破綻 食事をきちんととらない
連続飲酒発作、離脱症状による幻覚、身体の疾患が悪化
仕事や日常生活が困難になる
家族や仕事、社会的信用を失い、最後は死に至る

アルコール依存症の診断基準とセルフチェック

アルコール依存症は、国際疾病分類ICD-10の中で、「精神及び行動の障害」に入ります。診断はこのICD-10と、DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル)によるものがあります。

アルコール依存症の診断基準

ICD-10によるアルコール依存症候群の診断基準は以下のようなものです。

1年間に以下の3つがあてはまる。

飲酒したいという強烈な欲求、強迫感(渇望)
飲酒の開始、終了、あるいは飲酒量に関して制御することが困難(抑制喪失)
離脱症状
耐性の存在
長い時間飲酒したり、酔いから醒めるのに1日の大部分の時間を消費してしまう、飲酒以外の娯楽を無視する(飲酒中心の生活)
精神的または身体的問題が飲酒に酔って持続的また反復的に起こり、悪化していることを知っているにも関わらず飲酒を続ける(負の強化への抵抗)

DSM-5での「アルコール使用障害」の診断基準は以下です。

1年間に以下の2つがあてはまる。(2-3:軽度、4-5:中等度、6-:重度)

アルコールを最初に思っていたより多量に、あるいは長い時間使用する。
アルコールを減らすまたはコントロールしようと思っていても成功しない。
アルコールを得るため、使用するため、あるいは回復するための時間が長い。
飲酒への強い欲求
アルコールの使用により、仕事、学校、家庭での役割を果たせないことがある。
アルコールによる社会的、対人関係の問題があるにも関わらず飲酒を続ける。
重要な社会的、仕事上、あるいは余暇の活動が飲酒のために放棄または減少している。
身体的に問題がある状況でもアルコールを使用する。
精神的・身体的問題がアルコールによって起こることがわかっていても飲酒する。
10 耐性
a 期待した効果を得るために著しく増加した量のアルコールが必要。
b 同じ量のアルコール使用で効果が著しく減弱する。
11 離脱症状
a アルコールに特有の離脱症状。
b 離脱症状を軽減させるためにアルコールを使用する。

アルコール依存症のセルフチェック方法

診断基準とは別に、お酒にどの程度依存しているかを調べるスクリーニングテストというものがいくつかあります。チェックしてみましょう。

CAGE

4つの質問からなる検査です。確度の高い結果が得られています。

あなたは今までに、飲酒を減らさなければいけないと思ったことがありますか?
あなたは今までに、飲酒を批判されて、腹が立ったり苛立ったことがありますか?
あなたは今までに、飲酒に後ろめたい気持ちや罪悪感を持ったことがありますか?
あなたは今までに、朝酒や迎え酒を飲んだことがありますか?

上記のうち、2項目以上あてはまる場合は、アルコール依存症の可能性がある、というものです。

KAST-M、KAST-F(久里浜式アルコール症スクリーニングテスト)

日本の一般人口やアルコール依存症の初回入院患者を対象にした調査結果などから作成されました。
体質差を考慮して、男女別に違う10項目の質問からなります。
(参照:厚生労働省「新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」)

AUDIT

国際的な調査研究に基づいて作成されたもので、人種や性別による差が少ないとされています。10項目の質問からなります。
(参照:厚生労働省「AUDIT 」)

アルコール依存症の治療と家族

アルコール依存症は、家族を大きく巻き込む病気です。病気の特性上、患者さん本人が自ら専門機関を受診することはほとんどありません。家族の努力が必要とされます。

家族の介入の仕方

アルコール依存症は「否認の病気」とも言われます。家族や周囲の人が問題を指摘しても、本人は頑なに認めません。
それどころか、家族の言葉ですら揚げ足をとって飲酒の理由にすることもあります。そのため、本人を否定したり責めたりしないことが重要です。

近年、アルコールや薬物問題の家族に向けたプログラムがあります。家族自身が自分を守り、患者さん本人と対立を避ける接し方についてもアドバイスするものです。
専門の医療機関や地域の精神保健福祉センターなどで学習会を実施しているところもありますので、利用するのも良いでしょう。また、依存症患者の家族会もいくつかあります。

また、家族の介入が困難、あるいは限界に達したときは、医療機関や自治体の保健所に相談しましょう。

治療のステップ

アルコール依存症の人の場合、専門のプログラムを備えた医療機関を受診する必要があります。
段階的に様々な療法を導入し、断酒へと導きます。期間は2〜3か月程度です。

ステップ1
導入
面談(支援者や家族の同伴)
治療への動機付け
ステップ2
解毒
断酒開始
離脱症状の治療
臓器疾患の治療
合併精神疾患の治療
ステップ3
リハビリ
断酒
精神療法
酒害教育
集団生活
集団活動プログラム
自助グループへの参加
抗酒剤の投与
ステップ4
退院後のケア
断酒継続
定期通院
自助グループへの参加
抗酒剤の服用継続
(半年〜1年)

アルコール依存症と障害者手帳

アルコール依存症は、精神障害者保健福祉手帳の交付対象で、一部公共料金の割引などのサービスを受けられます。
しかし、治療開始から6か月が経過している必要があり、かつ、断酒できていない場合は対象となりません。必要な場合は自治体や主治医に相談してください。

アルコール依存症の人の仕事探しと就労移行支援

アルコール依存症で職を失い、治療を経て再就職するという場合には、どこまで断酒を継続できるかが大きなカギになります。
また、再発率が非常に高い病気ですので、就職までには慎重に時間をかける必要があります。

就職のタイミング

アルコール依存症の人が就職するにあたって、まず考慮しなければならないのはタイミングです。

アルコール依存症の治療がいったん終了すると、本人や家族は早期の社会復帰を望みがちです。しかし、断酒が軌道に乗り、規則正しい生活が定着するまでは、断酒に専念することが大事です。
仕事はストレスのかかるものであり、酒席に参加しなければならない場合もあります。断酒が安定していない段階では、早期の就職はむしろ再飲酒のきっかけになってしまいます。

就職を考えるまでには断酒後半年から1年、あるいはそれ以上が必要と言われます。タイミングについては主治医と相談して決めるのがベストです。

治療後に利用できる施設

かといって、日々を何もせずに過ごすのも良くはありません。
生活リズムを整えたり、体力やコミュニケーション力をつけたり、という就職に向けた準備をする際に利用できるサービスがあります。

1. 医療機関などのデイケア

医療機関によっては、日中、簡単な運動や作業を行うデイケア施設を設置している所があります。
体力や集中力の向上、集団行動に慣れるための活動プログラムなどが準備されています。看護師や作業療法士など専門スタッフが支援につきます。
公的機関が運営している所もあります。

地域活動支援センター

グループでの趣味の講座や学習会などを開催しているほか、好きな時に出かけてきてくつろいで帰るだけ、といったオープンスペースを提供したりしている施設です。外出の動機作りにもなり、施設によっては家族や対人関係など様々な相談に乗ってくれるところもあります。

また、自助会への定期的な参加が一番大切とも言われます。同じ状況にいる仲間と接することは重要です。こうしたサービスと自助会への参加で、日々を有意義にしましょう。

就労移行支援事業所などの利用

また、アルコール依存症の人は、就職や就職活動の準備段階として、就労支援事業所などを利用できます。

社会的なブランクが長期に及ぶと、働くということに対してなかなか感覚を取り戻せない人も多くいます。その場合に、職場体験や就労の練習場所として利用できる公的福祉サービスには、以下のようなものがあります。

就労移行支援事業 就労継続支援事業(A型) 就労移行支援事業(B型)
対象者
  • 企業等での就労を希望する人
  • 技術を取得し、在宅就労を希望する人
就労機会の提供を通じ、生産活動にかかる知識及び能力の向上を図ることにより、雇用に基づく就労が可能な人 就労移行支援事業等を利用したが雇用に結びつかなかった人や、自分らしく当該事業で働くことを希望する人
サービス内容
  • 一般就労に向けて就職活動から職場定着のための支援など
  • 雇用に基づく就労の機会の提供
  • 一般就労への移行に向けての支援など
  • 雇用契約を結ばない就労や生産活動の機会の提供
  • 一般就労に必要な知識、能力が高まった人には一般就労等への移行に向けての支援など
年齢制限 65歳未満 65歳未満 無し
利用期限 有り(標準2年間) 無し 無し

(精神障がい者と家族に役立つ社会資源ハンドブック )より

1)就労移行支援事業所

一般就労を希望する65歳未満の人で、事業所内での作業訓練、職場実習、本人に見合った職場選びなどを通じて就労の見込みがある場合に利用できます。利用期限は2年間で、この2年の間に職業訓練と就職活動を達成する場所です。

2)就労継続支援事業A型

一般企業に就職することが難しい場合に、支援体制の整った職場を提供するものです。事業所との雇用契約を結び、労働基準法が適応されます。
利用を通じて条件が整えば、一般企業での就労に向けた求人の紹介や支援を受けられます。

3)就労継続支援B型

年齢や体力が理由で、雇用契約の元での就労が難しい人などを対象に、雇用契約のない環境で就労の機会を作っている事業所です。雇用関係はないので、体調に応じて通所する人も多くいます。こちらも、通所を通じて条件が整えば、一般企業での就労に向けた求人の紹介や支援を受けられます。

ハローワークなどの利用

就職活動の段階では、ハローワークなどの支援も利用できます。

ハローワークでは具体的な求職活動についての相談窓口があり、また、障害者専門の窓口もあります。就職の準備段階から職場定着まで一貫した支援体制があり、期限や時間を絞ったトライアル雇用といった制度もあります。

また、各自治体の障害者就労・生活支援センターでは、自分で決断をできない場合などに、働き方や仕事を一緒に考えたり、就職までの道筋を作ったりする協力体制があります。最寄りのハローワークや自治体の福祉担当課に問い合わせてください。

アルコール依存症の人の就職後の注意点

就職できた、といってすぐに安心はできません。繰り返しになりますが再発率の非常に高い病気で、依存症の後遺症などを排除し、断酒が完全に安定するまでは3〜5年かかると言われています。

そのため、まず本人は、

  • お酒以外のストレス解消法を身につける
  • 何か没頭できる趣味を持つ
  • 焦らない、ストレスを溜めない
  • 自助会への参加を続ける

ことが重要です。
また、家族も急かさずに、ストレスの兆候があったら手を差し伸べましょう。

まとめ

アルコール依存症には、「だらしない」「怖い人」といったネガティブなイメージも存在します。しかし、「お酒を飲む人であれば誰だってかかる可能性がある」という基本に立ち返り、周囲は偏見やイメージを修正する必要があります。

また、患者さん自身はこれまでの働き方を振り返り、頑張りすぎていた部分があれば改める必要があります。仕事という役割があることは、自尊心の向上や、断酒継続の動機付けとしても重要なことです。しかし再飲酒につながるような働き方をしてしまうと、治療が意味をなしません。就職活動は慎重に進めましょう。

まずはお気軽にご相談ください!

みなさんに安心してご利用いただくために、チャレンジド・アソウでは事業所見学や体験利用をおすすめしています。

実際にご自身の目で事業所の雰囲気やプログラムを確認してみませんか?

092-752-0500
受付時間 平日9:00~18:00

まずは「資料請求」をする

「見学・相談」の予約をする

※ご家族の方もお気軽にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせ

アソウ・ヒューマニーセンター運営サイト

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.