メイン画像へジャンプ

障害者の就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ

メニュー

ホーム > 就労移行支援とは > チャレンジド・アソウの特徴

チャレンジド・アソウの特徴

チャレンジド・アソウの特徴

チャレンジド・アソウの特徴

就労移行支援事業所チャレンジド・アソウの特徴

全体の利用者数のうち、精神障害の手帳を持つ方(アスペルガー症候群やADHDなど発達障害の方も含む)の割合が約70%と多いのが特徴です。

 

それぞれの悩みや不安を企業人スキルトレーニングで自信に変え、模擬就労を通じて適性に合った職業を見つけます。トレーニングを利用する方は事務系・作業系を問わず自分のやりたい仕事、できる仕事を見つけています。
 

g01

■内訳 (50音順)

アスペルガー、アルコール依存症、うつ、スタージェウェバー症候群、てんかん、ファロー五臓(先天性)、かい離、関節リウマチ、協調性運動障害、強迫性障害、広汎性発達障害、高機能広汎性発達障害、視覚認知、自律神経失調症、重症神経症、双極性感情障害、双極性Ⅱ型、知的障害、聴覚障害、適応障害、統合失調症、内部障害、発達障害、抜毛症、抑うつ、抑うつ神経症 等

 

個別支援計画と独自の評価ツールで個別に支援

3ヶ月に1回「個別支援計画書」を作成し、個別に目標を立てて、支援します。

独自の評価ツール「ステップアップシート」で、自分の出来ていること、出来ていないことを

視覚化して目標達成のための課題解決に役立てます。

カリキュラムは、利用者の個別支援計画をもとに毎月組み立てています。

計画からトレーニングまで、「個別」を意識した支援を行っています。

tri

 

支援機関、医療機関、ご家族と連携しながら就職後までをサポート

「働く」ということは、「生活」や「体調」などが土台にあって成り立ちます。
 

就労移行支援事業所では、「就労」の部分に特化した支援を実施していますが、就職後の定着のためは、「生活」や「体調」も、大切です。

ご家族や医療機関、関連機関の方、企業担当者等と連携し、訓練中から就職後まで、必要に応じて連携を取りながら支援を行っています。

01

これまでの就職実績

チャレンジド・アソウの就職実績は次の通りです。

 

g03


g02

  事務職がいちばん多いですが、トレーニングのなかで、適性の見極めや方針の変更などを経て、いろいろな職種に就職しています。チャレンジド・アソウで、社員が、就職活動と、就職後の定着のため、きめ細かくサポートします。一緒に頑張りましょう。

 


就労移行支援事業所チャレンジド・アソウでは、行政や医療・福祉機関・企業等、
あなたの思いを形にできるように1歩1歩、あなたと並んで歩きます。

 

あなたにとって仕事とはなんですか?

 

あなたはやりたい仕事が見つかりましたか?

 

あなたは仕事に対して不安はありませんか?

 

あなたは自信を持って就職活動をしていますか?

 

思いを形にしてみたい方はWebフォームまたはお近くの事業所まで、お気軽にお問合せください。
 


資料請求・お問い合わせ

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.