支援員
介護福祉施設の生活相談員が研修で学ぶ内容とは?

生活相談員の研修には仕事や役割を再認識できるメリットがある

介護福祉施設の生活相談員が研修で学ぶ内容とは?

生活相談員(ソーシャルワーカー)とは、主に高齢者の方が利用する介護福祉施設において、窓口業務や相談援助、関係各所との調整などに従事する職業です。

生活相談員になるための試験や研修はありませんが、施設の利用者に適切なサービスを提供し続けるには、生活相談員自身も知識を深めスキルを高める必要があります。

この記事では、介護福祉施設で働く生活相談員の仕事や資格要件とともに、生活相談員向けの研修で学ぶ内容や研修を実施する法人をご紹介します。

生活相談員としてスキルを高めたい方はぜひ参考になさってください。

介護福祉施設で活躍する生活相談員

介護福祉施設で活躍する生活相談員
生活相談員の主な活躍の場は、高齢者向けの介護福祉施設です。施設の顔・窓口として、利用者やその家族、職員、外部の関係機関などさまざまな立場の人をつなげる役割があります。

生活相談員の主な仕事

生活相談員の主な仕事は、介護福祉施設の利用者やその家族・関係者からの相談に応じることと、ケアマネージャーや介護スタッフ、行政、医療機関などとのスムーズな連携を図ることです。

利用者に適切な支援を提供するために、利用者と施設の間に入ってさまざまな連絡・調整をおこなっています。

デイサービスや老人ホームに配置される

生活相談員が配置される主な職場は次のとおりです。

  • 通所介護事業所(デイサービス)
  • 短期入所生活介護事業所(ショートステイ)
  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護付き有料老人ホーム

また、生活相談員と似た名称の職種には支援相談員や相談支援専門員もあります。

それぞれ活躍の場や支援を提供する対象者が異なり、支援相談員は介護老人保健施設を利用する高齢者、相談支援専門員は相談支援事務所や基幹相談支援センターを利用する障害のある方をそれぞれサポートしています。

生活相談員の資格をとる方法

生活相談員の資格をとる方法
デイサービスや老人ホームなどで生活相談員として働くには、国や自治体が定めている資格要件を満たす必要があります。

生活相談員の資格要件

生活相談員の場合、そもそも「生活相談員」という名称の資格はなく、資格取得のための試験や研修は実施されていません。しかし、生活相談員になるには次のうちいずれかの資格が必要です。

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉主事任用資格

社会福祉士と精神保健福祉士は国家資格であり、資格をとるには国家試験の合格が必須です。一方、社会福祉主事任用資格は、社会福祉施設に在職している方であれば約1年間の通信教育でも取得できます。

実務経験のみで資格要件を満たす自治体も

生活相談員の資格要件は自治体によって異なり、多くの自治体は国が定める資格以外にも介護支援専門員(ケアマネージャー)や介護福祉士も資格要件に含んでいます。

また、介護・福祉関連の資格を持っていなくても、実務経験のみで生活相談員の資格要件を満たせる自治体もあります。

生活相談員の研修で学ぶ内容とは

生活相談員の研修で学ぶ内容とは
生活相談員になるための試験や研修はありませんが、すでに生活相談員として従事している方を対象にスキルアップを目的とした研修は複数の法人が実施しています。

「生活相談員」という資格がないために、生活相談員に求められる役割や業務範囲は曖昧になりがちです。

生活相談員向けの研修を受講することで業務上の知識や技術が身につくのはもちろん、生活相談員としての自分の立ち位置が明確になる利点もあるでしょう。

ここでは、生活相談員向けの研修ではどのような内容を学ぶのか、講義と実技に分けてご紹介します。

生活相談員向け研修の講義内容

生活相談員向け研修の講義では、対人援助の基本や相談援助における知識、リスクマネジメント、介護・福祉業界を取り巻く状況などを学びます。

生活相談員を対象としているため、ソーシャルワーク機能の向上に必要な知識を効率的に身につけられるのが大きなメリットです。

より専門的かつ実践的な内容で知識を深められるとともに、新型コロナウイルス対策など現況をふまえた対応や業界の最新動向なども知ることができます。

生活相談員向け研修の実技内容

生活相談員向け研修の実技では、実際に起きた事例をもとに問題を分析しながら最善策を導き出す、いわゆるケースメソッドによるグループディスカッションや、対人援助におけるコミュニケーション技術などを学びます。

生活相談員には施設の利用者やその家族への対応はもちろん、ケアマネージャーや関係機関とのスムーズな連携を図る役割もあります。

さまざまな立場の人と接する生活相談員にとって、コミュニケーション能力は重要なスキルのひとつです。

介護・福祉関連の研修を開催する法人を紹介

介護・福祉関連の研修を開催する法人を紹介
生活相談員としてさらなる知識・技術の習得に励みたい方は、各法人が開催している生活相談員向けの研修に参加するのがおすすめです。

研修・セミナーの最新情報は各法人のホームページで公開されているため、定期的にチェックしてみるとよいでしょう。

ここでは、介護・福祉関連の研修を開催している法人をご紹介します。

全国老人福祉施設協議会

全国老人福祉施設協議会は、介護・福祉の現場で課題となっている事案の改善や推進を図ることを目的に、複数の事業・サービスを展開する公益社団法人です。

全国老人福祉施設協議会では定期的に生活相談員研修会を実施し、生活相談員のソーシャルワーク機能を高めるために必要なスキルの習得機会を提供しています。

また、介護力向上講習会、介護人材マネジメント研修会、全国デイサービスセンター研修会など、課題や職種、事業に分けてさまざまな研修を開催しています。

全国有料老人ホーム協会

全国有料老人ホーム協会は、有料老人ホームの入居者の保護や生活支援とともに、事業者向けの講習やサービス評価などもおこなう公益社団法人です。

全国有料老人ホーム協会では主に施設長をはじめとしたホーム職員向けの研修を実施し、過去には有料老人ホームで働く生活相談員に向けた研修も開催されました。

また、ホームにおける苦情対応やリスクマネジメントなど、現場が直面しやすい課題の解決に向けた研修も多く実施されています。

東京都高齢者福祉施設協議会

東京都高齢者福祉施設協議会は、利用者主体としての高齢者福祉の発展を目的に、施設職員向けの研修や実践研修発表会などを開催する社会福祉法人です。

東京都内の老人ホームや地域包括・在宅介護支援センター、デイサービスを会員としています。

東京都高齢者福祉施設協議会では定期的に生活相談員向けの研修を実施し、過去には事例をもとにした生活相談員の事故対応やリスクマネジメント研修がおこなわれました。

また、実践的な研修以外にも、職種ごとの情報交換会や仕事の悩み・困りごとの相談会なども開催されています。

まとめ

生活相談員になるには社会福祉士や精神社会福祉士などの資格が必要ですが、「生活相談員」という資格はなく、試験や研修は実施されていません。

生活相談員がさらなるスキルの向上を目指すなら、各法人が開催する生活相談員向けの研修に参加するのがおすすめです。

生活相談員に特化した講義や実技を受講できるため、必要なスキルを効率的に身につけられるのはもちろん、曖昧になりがちだった生活相談員の仕事や役割を再認識できるメリットもあります。

生活相談員を対象とした研修・講座の案内は、各法人のホームページで定期的に更新されています。

生活相談員としてスキルを高めたい方、現状に悩みや不安を抱えている方は、生活相談員向け研修の受講を検討してみてはいかがでしょうか。