新大阪ブログ
【その他】マスク生活続く「異例の夏」に対して

【その他】マスク生活続く「異例の夏」に対して

こんにちは。
チャレンジド・アソウの中村です。

コロナウィルス感染者が全国的にも
拡大しており地域独自の緊急事態宣言も
発令されているところもあり
警戒態勢がひかれています。

気温も高くなっている中の
マスク着用は熱がこもり熱中症の危険性が
高くなります。

そもそも人は夏になって気温が高くなり
体内に熱がこもるようになると汗をかいたり、
呼吸をして冷えた空気を体内に取り込んだり
することで熱を発散し、体温調節を行っています。
ですが、マスクをしていると自分の呼吸に
よって温かい空気しか入ってこないので、
呼吸で身体を冷やすことが難しく、
むしろ体温を上昇させてしまいます。
また、顔の半分ほどがマスクで覆われることに
よって熱がこもりやすくなります。

マスク着用の中で熱中症予防としましては
「水分の摂取」が最も重要となります。
マスクをしていると喉の渇きを感じにくく
なっているのでこまめにゆっくりと
摂取することが大切となります。
喉が渇いてから水分を摂ってもすでに
熱中症になっている可能性もあり、
人間は一気に水分を摂っても体内に十分に
吸収されにくくなっています。

ですので、喉が渇く前にこまめにゆっくりと
水分を摂ることが熱中症予防のカギとなります。
又、人のあまり居ない所でマスクを外して
休憩をとることも予防のために大切となります。

最近では各メーカーでは接触冷感マスクなども
販売されていて、そういったマスクに切り替えるのも
暑い中のマスク生活を乗り越えていく方法の一つに
なります。


本日よりチャレンジド・アソウでも
アクリル板での感染予防を導入致しました。
スーパーやコンビニなどあちらこちらで
アクリル板やビニールシートにて飛沫感染予防を
取り組まれておりそれこそ新しい生活様式と
変化していっています。

チャレンジド・アソウでは他には
入室前に検温をし手指消毒を行い
共用部の消毒もこまめに行っております。
コロナウィルスの感染者拡大している現状ですが
皆様の安全を一番に配慮しつつの運営を
心掛けております。
皆様の見学や体験をお待ちしています。

チャレンジド・アソウ新大阪事業所

チャレンジド・アソウ新大阪事業所の写真

〒532-0011 大阪市淀川区西中島1丁目11番16号
新大阪CSPビル本館1階

(阪急「南方駅」・地下鉄「西中島南方駅」徒歩1分、JR・地下鉄「新大阪駅」徒歩13分)

TEL:06-6309-7060