新大阪ブログ
カリキュラムで実践!相手の話に耳を傾ける

カリキュラムで実践!相手の話に耳を傾ける

こんにちは。新大阪事業所の越智です。

新大阪事業所の10月の「対人スキル」のカリキュラムが3度ありました。

テーマは「相手の話に耳を傾ける」です。

相手の話に耳を傾けるとはどのような場面の事でしょうか。
社員が訓練生に聞くと、意見が複数上がりました。

コピーをとる イメージ写真

例えば、
話を聞く
読んで字のごとく、ですが相手が話し始めた時は内容を理解する「聞く」が必要です。
イヤホンを耳にさしていれば、目線を合わせていても聞いていることにはなりません。
障害でやむを得ずヘッドホンなどが必要な場合は、あらかじめ相談しておいたり
相手の声が聞き取れるよう状態にする、話している間だけ外すなど工夫しましょう。

自分が話しかけた時に、聞いてないような対応をされ時の気持ちを考えると
作業の手を止めて、内容を聞き取る姿勢はとても大切だとわかりますね。

相手の方を向く
相手が話しているのに身体は別の方向に向いていたり、キョロキョロしていると
「聞いているのかな」と思われますね。
体を向け、目線も合わせて話を聞くことがマナーの一つでもあります。

メモをとる
職場で話す内容は、ほとんどが仕事に関係する内容です。
いつどんな仕事の話が出てもいいようにメモを取りましょう。
忘れてしまっても、メモを見返して思い出すことができれば、大きな武器になります。

訓練生からは「相手の話に耳を傾ける」ということを考えて
「うーん、他には何があったかな」と考える声も聞こえてきました。

コミュニケーションにおいて相手の事を「考える」ことは重要なことです。

相談しよう

最終回では、作業をしている最中に時間を見て社員が話しかけ、
踏まえたポイントを実践できるか試してみました。

作業の手を止め、相手の方を向いてメモを取り出せる訓練生もいらっしゃり
感想では「意外と気を付けないといけないことが多いんだな」と思う方もいました。

コミュニケーションでは、相手に不快な思いをさせないことが良い対人関係を生み出します

これまで人間関係に悩んでいた方も、ポイントを踏まえて意識することで
「こうしたらよかったんだ」と気づきが生まれています。

チャレンジド・アソウでは、日々「気づき」がうまれるトレーニングを
実行していきたいと考えています。

チャレンジド・アソウ新大阪事業所

チャレンジド・アソウ新大阪事業所の写真

〒532-0011 大阪市淀川区西中島1丁目11番16号
新大阪CSPビル本館1階

(阪急「南方駅」・地下鉄「西中島南方駅」徒歩1分、JR・地下鉄「新大阪駅」徒歩13分)

TEL:06-6309-7060