新大阪ブログ
メモの取り方を工夫して仕事の幅を広げる

メモの取り方を工夫して仕事の幅を広げる

こんにちは。新大阪事業所の越智です。

私事ですが、先日は嬉しいことがありました。
幼いころからお世話になっていた、珠算の先生と10年ぶりに再会したのです。

83歳と高齢ですが、今も現役で働いておられ、私の顔、名前、
苦手種目までも覚えておられ、歯に衣着せぬ物言いも当時のままでした。

今もパソコンや携帯電話といった入力ツールは使わず
常にメモ帳を持ち歩き、「必要な事はすぐに書き込む」と聞き
仕事のやり方は人それぞれの方法があるのだと痛感しました。

さて、本日も朝礼を終え【メモをとる+質問をする】
トレーニングがスタートしています。

このトレーニングは社員が口頭で指示を読み上げ、
訓練生が指示内容をメモに取っていくトレーニング
です。

メモを取ることは、文字という形に残せるので
頭の中ですべて覚えていなくても、見直して思い出せるので便利ですね。

このカリキュラムが始まった直後に、
ある訓練生の方から発言がありました。

「自分は書くことが苦手で、とてもついていけません。できません。」

話を聞いてみると、その訓練生の方は、
社員が読み上げた指示を、一文一句書き出そうとしていたのです。

「今の指示の内容はどこまで理解していますか」
「○○会社の◇◇さんに、イベントのチラシができているか聞くことです。」
「続きはどうですか」
「メモを書くのに必死で、聞き漏らしました」

このような場合は、どの部分を聞き漏らしたかを
質問するのは悪いことではありません。

ポイントは、メモの取り方です。
メモは自分が見直して理解ができるのであれば、書き込むことは
要点だけでも良いのです。

社員は「書くことに集中して指示を聞き逃す場合は、
一度全て聞いた後に、メモに書き込むのも一つの手段ですよ」

と伝えました。

この訓練生の方は、周りの訓練生とやり方が違うのはダメな事と
思っていたそうですが、
「次から自分でできるやり方を試していきたい」
意欲的な考えに変わりました。

チャレンジド・アソウは失敗をしても良い場です。
投げ出さないで、訓練生が色々試して、できることを増やし、
仕事につながるような支援をしていきたいと、社員一同考えています。

カリキュラムにご興味を持たれた方は
6月20日(大阪事業所)、6月21日(新大阪事業所)に
トレーニング見学・体験会を実施いたします。

こちらのページから詳細をご確認いただけます。

ぜひご参加ください!

チャレンジド・アソウ新大阪事業所

チャレンジド・アソウ新大阪事業所の写真

〒532-0011 大阪市淀川区西中島1丁目11番16号
新大阪CSPビル本館1階

(阪急「南方駅」・地下鉄「西中島南方駅」徒歩1分、JR・地下鉄「新大阪駅」徒歩13分)

TEL:06-6309-7060