新大阪ブログ
カリキュラム「面接練習」で自信をつける

カリキュラム「面接練習」で自信をつける

こんにちは。
2月を迎え、節分も過ぎ去りました。
今年も年齢に関係なく豆を存分に食べた新大阪事業所の越智です。

節分は「季節の分け目」という意味があります。
つまり、暦上では今日の時点でもう春なのですね。
まだまだ肌を刺すような寒さが残りますが、
これから徐々に日が長くなっていく風景を楽しみたいものです。

さて、今回は新大阪事業所で行われている
「面接練習」についてです。

新大阪事業所では、月に2~3回「面接練習」が行われています。

面接は企業で働くために、避けて通れない道といえる程
一般的な採用試験です。
このカリキュラムでは、面接シミュレーションを行い
本番で質問されやすい項目を繰り返し
ロールプレイをして練習を重ねます。

何度も練習することで確実にスキルが身につくので、
ご自身の成長を感じ取れることもあります。

面接練習はどのように行われるのでしょうか

面接練習は、基本的にチャレンジド・アソウの
事業所内で行われます。

練習の前に資料を見て返事の仕方や、ノックの回数、
入室の仕方など、確認して面接のイメージを膨らませましょう。

質問事項はあらかじめお伝えするので
答える内容を用紙に書き出しておきます。

面接練習ワークシート

面接管役は社員が担当しますが、初対面という設定のもと質問します。
本番さながら、細かい点も見落としがないよう
社員は目を光らせていますよ。

面接後のフィードバックも十分に行います

一通りの練習が終了したら、社員が評価しお伝えします。

「今日は前回より表情が固まっていましたよ。笑顔に努めましょう。」
「入室時で所作が失敗した時は、小声でなく、ハッキリと失礼しましたと言ってもいいと思います。」
「早口で緊張が伝わってきます。相手に訊き直しをさせるのはよくないので、もう少しゆっくり話してみましょう。」

訓練生は自身の評価と、社員から指摘された点を
ワークシートに書き留めています。
シートに書き込んでおくと、次の面接練習の時に
「前回指摘された点を気を付けよう」と
同じ間違いをしなくてもよくなります。

とはいえ緊張する

練習といえど緊張はします。それは一生懸命な証拠ですね。
何度も行ううちに少しずつ慣れてきますよ。

私も訓練生の時は、会議室やトレーニングルームといった
イレギュラーなパターン練習も何度か経験しましたが、
「きっと本番はそれ以上に緊張する、今しっかりやろう!」
と毎回思い切って取り組みました。

噛んでしまったり、長所が出てこなかったりしたこともあります。

カリキュラムの訓練での、1回1回の小さな取組みを一生懸命にすることが
成長につながる秘訣だと思います。
それは社員も訓練生も同じです。

小さな一歩でも、共に前に進んでいきましょう!

チャレンジド・アソウ新大阪事業所

チャレンジド・アソウ新大阪事業所の写真

〒532-0011 大阪市淀川区西中島1丁目11番16号
新大阪CSPビル本館1階

(阪急「南方駅」・地下鉄「西中島南方駅」徒歩1分、JR・地下鉄「新大阪駅」徒歩13分)

TEL:06-6309-7060