新大阪ブログ
名刺入力でスキルアップ!

名刺入力でスキルアップ!

こんにちは!新大阪事業所の越智です。

10月の3連休も終わりました。次の連休は11月初旬。

その頃にはもうコートを着ている人が見られるでしょうか。
最近の大阪はまた暖かくなり、日中は半袖が着れるくらいです。(コートを買ってみたのですが、なかなか出番がありません。)

寒暖を繰り返し、季節は移り変わっていくのですね。
冬になりきる前に気づくこと、学ぶこと、行動すること、一つでも多くできると良いなと思っている今日この頃です。

さて、今回は新大阪事業所で行われているカリキュラム【名刺入力】についてです。

ビジネスでも必要とされる名刺

会社に就職すると、職業や役職によって必要となることがあるのが「名刺」です。

名刺には、様々な連絡先や情報が記入されており、相手に渡すことで仕事を広げるための関係性を築くきっかけにもなるビジネスアイテムです。お客様に渡すことは、身分を明かすことで信頼につながります。

そんな名刺も誰かが作成するから、渡すことができますね。

名刺内容を入力する仕事

昨今は、障害者求人の業務内容で文章や書類・図などをデータ化する業務がよくみられます。入力作業は非常に正確性が必要とされる業務で、それと共に集中力も必要とされます。

チャレンジド・アソウでもカリキュラム内で名刺入力のトレーニングがあり、「まず正しく打つ作業」、「確認する作業」に力を入れています。

名刺にどんな情報が載っているのかを知る時間を設けているので少しずつ名刺に慣れていきましょう。

入力のステップ

入力をはじめる前のルール確認(10分)

名刺内容で入力するにあたって、入力のルールを守って取り組む必要があります。

「数字・ハイフンのは半角にすること」
「メールアドレスも全て半角にすること」
「苗字などの漢字は旧字が使われていることもあるが、その通りに入力すること」

入力前に確認しておき、よく理解しておきましょう。

入力(10分)

ルールを確認したら、名刺を見ながらリストに情報を入力していきましょう。
会社名、部署名、役職名、名前、電話番号、住所…入力速度より、確実に行っていく事が重視されます。

名刺作成レクチャー
入力で重要なのが〝わからないことは必ず質問する″ことです。

住所が長すぎるのですがどうすればいいですか」
「会社名の読み方がわかりません」
「アンダーバーはどうやって打ちますか」

など、疑問を解決しないまま進むと、誤った情報を提供することになるので必ず質問して正しい情報を入力することが大切です。

チェック作業(10分)

入力をしたら必ず行うのが「チェック作業」です。チェックにミスや漏れがあると情報が全く違うものになってしまいます。

例えば、数字が一ケタ間違えただけでも電話が繋がらなかったり、違うところに繋がってしまいます。

指でなぞったりするなど、自分が確認しやすい方法をトレーニングの中で見つけていく事が大事になってきます。

訓練生の方たちは名刺入力に必要な知識を得るべくどんどん質問している方や、間違いないよう集中してもくもくと取り組んでる方と様々です。

このトレーニング担当の川岡は、「この仕事は非常に集中力が必要で、しんどく感じることもある作業です。小休憩をうまくはさみながら確実に行えるよう工夫していきましょう。」と呼びかけました。

チャレンジド・アソウは実務につながるカリキュラムを実行していきます。少しずつ働いている自分をイメージできるよう、共に成長していきましょう!

チャレンジド・アソウ新大阪事業所

チャレンジド・アソウ新大阪事業所の写真

〒532-0011 大阪市淀川区西中島1丁目11番16号
新大阪CSPビル本館1階

(阪急「南方駅」・地下鉄「西中島南方駅」徒歩1分、JR・地下鉄「新大阪駅」徒歩13分)

TEL:06-6309-7060