大阪ブログ
私服で企業に行く時の服装を考える

私服で企業に行く時の服装を考える

こんにちは。大阪事業所の越智です。
日に日に太陽が沈む時間が遅くなっており
少しずつ季節の移り変わりを感じます。

身だしなみを考えるイメージ
(写真はイメージです)

さて、大阪事業所、新大阪事業所では先日、企業見学に行きました。

今回は洋服を扱う企業で、アパレル業界に興味がある訓練生は
楽しみにしていたようです◎

従業員の方も私服ということで
職場の雰囲気を維持するため、スーツではなく
私服での見学となり、いつもの見学とは少し違った視点で観ることができました。

(通常企業見学では、「スーツデイ」となっており
見学に行く人もいかない人もスーツでの通所の日になります)

見学前のカリキュラム「就職準備学習」では
私服で企業に訪問する際は、どのような服装をするべきかを
考える時間がありました。

「ラフすぎない」
「奇抜でない」
「暗めの色でそろえる」

上記のような複数出てきたポイントを踏まえ、
企業見学に行かれる当日の訓練生はデニムではなく
チノパンや襟付きシャツなど、落ち着いた装いをされていました。

昨今では求人検索をした時に、企業によっては私服勤務があり
雰囲気が「オフィスカジュアル」という言葉で
表現されていることもありますね。

私服勤務の場合は、自分の職場に馴染むだけでなく、
ビル内に複数会社がある場合、ビルに入るに相応しい恰好を
することが求められることもあります。

「仕事」に支障がなく「会社のイメージ」を維持することを
忘れてはいけないのが、私服で企業に足を踏み入れる難しさですね。

いつもと違うルールやマナー、環境に触れることは
少なからず視野が広がるきっかけに繋がると思います。

イレギュラーにも対応できる準備ができるよう
社員も一緒に考えますよ。

チャレンジド・アソウ大阪事業所

チャレンジド・アソウ大阪事業所の写真

〒540-0026 大阪市中央区内本町2-4-16
オフィスポート内本町9階

(地下鉄谷町線「谷町四丁目」徒歩7分、地下鉄堺筋線「堺筋本町」徒歩5分)

TEL:06-6809-2456