大阪ブログ
シャープ特選工業株式会社へ企業見学に行ってきました!

シャープ特選工業株式会社へ企業見学に行ってきました!

寒さが厳しくなってまいりました。皆さまいかがお過ごしですか?

ついついコタツに入ると動けなくなり、カラカラに乾燥してしまい、
それを補うが如く、沢山水分を摂るのですっかり水太りしてしまっている下田です。

さてチャレンジド・アソウ大阪事業所と新大阪事業所では、
職業理解を深めることを目的に、毎月「企業見学」を行っています。

1月はシャープ特選工業株式会社様に行ってまいりました。

企業に到着すると受付に「チャレンジド・アソウ新大阪のみなさん、ようこそシャープ特選へ」の素敵なウエルカムボードが!「とくまるくん」という可愛らしいワンちゃんがお出迎え。

お心遣いに感謝いたします。

シャープ株式会社の創業者である早川徳次氏の直筆「何糞」という書の掛かるフロアで、

下記のようなお話を聞かせていただきました。

  1. 企業理念
  2. 会社概要
  3. 創業者早川氏の障害者雇用への思い・設立の経緯
  4. 経営方針
  5. 障害者雇用の現況
  6. 業務内容
  7. 企業が求める人材とは?
  8. なぜ働くのか?
  9. 企業実習について
  10. 職場定着に向けたコミュニケーションについて
  11. 相談することの大切さ

今後、就職活動を経て「働き続けること」を目標にしている訓練生の方々にとっては、とても貴重なお話しばかりでした。その中の何点かピックアップすると・・・

  • 面接の前に経営理念を読んでおくことは「基本的なマナー」である。
  • 経営理念とは行動に迷った時のコンパスのようなもの。
  • 仕事での「自助自立」とは、出来ないことを発信し、出来るようになる為の工夫や改善を行うこと。
  • 企業が求めるのは「働きたい、働かないといけない」という強い意志を持っている方。
  • 長く働けている方の特徴は「趣味」を楽しんでいる。就労移行支援事業所に通う期間にも、そのことだけでなく、休日の楽しみ方やリフレッシュ方法も見つけておく。
  • 分かった時に「分かった」。分からない時に「分からない」と言えること。
  • アドバイス「こうしてみたら?」に「いえ、大丈夫です」ではなく、「はい、やってみます」と素直に笑顔で応えられる。
  • 有効な実習にするには「課題抽出」と「明確な目的」が大切。
  • 働く中での困りごとを相談する大切さ。解決できない場合でも伝えることが良い結果を導く。

また、企業内をご案内していただく中で、聞かせていただいた工夫や改善が随所に見られ、

理念が行動に浸透していることを実感しました。

「数を数えることが苦手で混乱する」
「手が不自由で作業に手間取る」
「車イスなので不可能」

そんなひとつひとつの場面に、

「では出来る方に頼む」ではなく「じゃあどうしたら出来る?」

と仕事に食らいつく。

時間も労力もかかりそうなことですが、そうすることが
意外な場面での気づきや発見に繋がることも。

また皆で、お一人の方の困りごとに向き合う時間こそが大切だと、お伝えいただきました。

見学後はウエルカムボードも、お別れの言葉に変わっており、
気遣いとあたたかさを感じました。

シャープ特選工業株式会社の皆様、
この度はお忙しい中、貴重な機会を頂きありがとうございました。

学ばせて頂いた「仕事に向き合う姿勢」を身に付けることができれば、仕事が何倍も楽しく、また職員の絆も深まっていくことだろうと、訓練生ともども気持ちに喝が入りました。

就職・定着に向けて頑張っていきましょう!

チャレンジド・アソウ大阪事業所

チャレンジド・アソウ大阪事業所の写真

〒540-0026 大阪市中央区内本町2-4-16
オフィスポート内本町9階

(地下鉄谷町線「谷町四丁目」徒歩7分、地下鉄堺筋線「堺筋本町」徒歩5分)

TEL:06-6809-2456