大阪ブログ
【コミュニケーション】苦手なこと、できない事を伝える

【コミュニケーション】苦手なこと、できない事を伝える

こんにちは!大阪事業所の越智です。

春は暖かさと寒さを繰り返しながら
やってくるのを実感しています。

今日の気温は最高2度ということで、
雪こそ降りませんが、風は刺すような冷たさです!
スズメも羽毛を膨らませて
コロコロに丸くなっていましたよ。

さて、今回はカリキュラム「ビジネスコミュニケーションワーク」

「苦手なこと、できないことを伝える」を行いました。

実際に使われているワークシートです
(場面をイメージして、話しかける言葉を考えましょう)

場面設定と言葉をイメージする
このカリキュラムでは、仕事をする上で
こんな状況の時、どうする?を考えて対処法を考えます。

例えば、

  • 同時に複数の指示
  • 残業、仕事量
  • 体調不良の時
  • あやふやな指示をされた

など、職場では様々な問題に直面することがあるでしょう。

そこで社員が最初に問いかけます。
「仕事で苦手なことや難しいと感じた時、
今のみなさんならどうしますか?」

この問いに、訓練生からは
「苦手である事を伝えます。」
「苦手でも、難しくても、やるしかないので実行します。」
「そのまま受け入れて実行します。それでもわからなければ教えてもらったり相談します。」

というように、手を挙げてご自身の
経験や意見を話して下さいました。

仕事としての目的を達成するためには
少し勇気がいりますが、不明点があれば
わかる方に相談するのは大切なことです。

相談をすることで、他者の意見から
苦手ではないやり方が見つかるなど解決に至ることで、
自分の気持ちや仕事の負担を少なくすることができます。

ロールプレイングで実際に声をかけてみる

さぁ、次は職場で相談を持ちかける時の場面を想像して
ロールプレイングしてみましょう。

ロールプレイングの流れは、以下の通りです。

  1. 相手の状況を見る
  2. 名前を呼んで話しかける、最後まで聞く
  3. 用件を伝える

このようなポイントを意識して話しかける言葉を考え、
紙に書き出して整理します。

そしてロールプレイングの実行です。
全員強制ではなく、希望者を募り、行われます。

訓練生:「○○さん、今お時間よろしいですか。」
社員 :「はい」
訓練生:「指示を頂き、うれしい気持ちですが、本日は体調が
よくないので、日を改めて取り組んでもよろしいでしょうか。」

ロールプレイを実行することは、話しかける言葉や距離感、目線など
必要なことがたくさん見えてきます。

チャレンジド・アソウでは、就職後も問題解決を自ら行えるようになるような
訓練を目指しています。

一緒に成長していきましょう!

チャレンジド・アソウ大阪事業所

チャレンジド・アソウ大阪事業所の写真

〒540-0026 大阪市中央区内本町2-4-16
オフィスポート内本町9階

(地下鉄谷町線「谷町四丁目」徒歩7分、地下鉄堺筋線「堺筋本町」徒歩5分)

TEL:06-6809-2456