広島ブログ
【広島事業所】アニメのお話

【広島事業所】アニメのお話

チャレンジド・アソウ広島事業所の中坊です。

8月に入っても大雨が続きますね。みなさんのご自宅近辺は大丈夫でしょうか。
これだけ雨が続くと気も滅入りがちですが、今回はお家時間を過ごすお供に
良さそうなアニメをご紹介したいと思います。

P.A.WORKSというアニメ制作会社があるのですが、
その会社が制作したアニメに『お仕事シリーズ』と呼ばれるものがあります。
その中でも今回は、『花咲くいろは』をご紹介したいと思います。

『花咲くいろは』は、金沢の架空の温泉街を舞台に、
東京から突然祖母の営む旅館に住み込むことになった松前緒花を中心に、
老舗旅館で働く女子高校生3人の成長を描く青春物語です。

作品自体は2011年4月から9月まで放送されていたものなので、約10年前の作品です。
時間の流れに驚きですが、当時大学生で放送を見ていた私は
主人公にすごく共感しながら観ていました。

なりゆきで旅館で働くことになった緒花と違って、
他の2人には「どうして働くのか」の目的が最初からあります。
板前になりたいので修行のため、人前で話すのが苦手なのであえて
接客が必要な仲居に挑戦する・・・
その中で緒花は最初、働けと言われたから働いています。

ただ緒花は前向きなので、色々自分で考えて行動するのですが、
良かれと思ってやったことが全て裏目に出ます。
(今見返すと、「そこ!勝手にやらずに、報連相が大事だよ!!」など
心の叫びが出てきます)

働くってなんだろう?仕事って何だろう?という問題に対して、
緒花をはじめ登場人物たちが真っ向からぶつかったり、
悩んだりしながらそれぞれの答えを見つけて成長していく姿は、
就職に向けて今まさに頑張っている方にもぜひ見ていただきたいなと思います。

ステイホームが続きますが、そのお供にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

チャレンジド・アソウ広島事業所

チャレンジド・アソウ広島事業所の写真

〒730-0032 広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4階 受付/
7階 トレーニングスペース

(市内電車「立町電停」より徒歩1分)

TEL:082-545-3560