博多ブログ
手をアルコール消毒する時の「適量」って?

手をアルコール消毒する時の「適量」って?

こんにちは。チャレンジド・アソウ博多事業所の山本です。

突然ですが、皆さんは手指消毒用アルコールスプレーの「適量」ってご存知ですか?

今や病院はもちろん、デパートやスーパーなどの商業施設でも入口に設置されていて、

一日に何度も使う方も多いのではないでしょうか?

もちろんチャレンジド・アソウでも入口に設置しています。


さて、このようなプッシュ式のボトルですが、皆さんはどのくらいプッシュしますか?

ちょちょっと押して、手が湿るくらいで済ませたりしていませんか?

私は「ポンプを下まで押し切った量が適量」と聞いていたので、ちょっと調べてみました。

ちなみに↑の手ピカスプレーの使用方法を見ると「適量を手指にとり」と書かれています。

この「適量」をインターネットで調べてみたところ、2ml以上が必要であるようです。

ペットボトルの蓋がだいたい5mlなので、この半分くらいの量が必要ということですね。

というわけで、実際にペットボトルの蓋にワンプッシュ分を出してみました。


画像では分かりにくいですが、ワンプッシュがちょうど蓋の半分くらいの量でした。

本当にボトルのポンプを押し切った量が適量だったんですね。

この量を手のひらに取ってみると、こうなりました。


こうしてみるとけっこうな量ですよね?両手に擦り込んでもビシャビシャになります。

乾燥したりこぼれたりした分もあるので、実際にはこれよりも多いはずです。

量が少ないと手指全体に回る前にアルコールが乾燥してしまうので、これくらいにしっかりと濡らさなければならないようです。

(適量だと、手指全体を濡らして乾燥するまでに30秒くらいかかるようです)

せっかくの消毒ですので、惰性的にちょちょっと押すのではなく、しっかりポンプを押し切って、適量を取るように心がけましょう。

 

しっかり消毒して、みんなで早くコロナを撃退するぞ!

チャレンジド・アソウ博多事業所

チャレンジド・アソウ博多事業所の写真

〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1-15-20
NMF博多駅前ビル10階

(JR博多駅から徒歩1分)

TEL:092-477-3677