福岡ブログ
~障害者雇用の現場から~ 自己評価 と他者評価

~障害者雇用の現場から~ 自己評価 と他者評価

こんにちは!福岡本社BPOチームの市原です。

すこし、業務の一場面をご紹介!

デスクワークの風景

この写真は、BPOチームメンバーの中村が撮影した、一枚です。

社内の風景を撮影した中から、毎週金曜日に弊社のFacebookページで、スライドにして掲載をしています。

さて、10月に入り、多くの会社では「下期」を迎えます。

私達も同じく、9月で「上期」が終わり、
10月からの6ヶ月間を「下期」として業務に励んでいきます。

BPOチームのメンバーは、それぞれ上期、下期と業務の目標をたて、面談をしながら、目標に対して、自己評価と課題を確認しています。

面談の風景手帳とファイル

もちろん、私も目標管理表を作成し、自己評価をし、
上司との評価と、振返りをしています。

このように、自身の「自己評価」と、BPOメンバーへ「他者評価をする」ことを行う中で、「自己評価」の堪え方が変わってきたように感じています。

それは、「他者評価」側の「期待するものは何か?」を考えるという事です。

その上で目標に向かって取り組み、自己評価をしていないと、
「数値目標」は目に見え、評価は一致しても、
プラス期待する「成長」の部分でズレが生まれると思います。

「課題」は仕事を通じて、身に着けて成長してほしい、「出来ると思う期待」であり、その「期待」と向き合い、行動をしていくと、数値もついてくるのだと思います。

「課題」を話す時間は、「私は出来ていない」という感情になったり、
気持ちの良い時間にならないかもしれません。

ですが、「期待に応える」「これから出来る事が増える」と
プラスの受け止め方が出来ると、一歩進めるのではないでしょうか?

私も改めて、BPOメンバーに「課題」を伝える時は、
プラスに受け止められるような、伝え方を心がけたいと思います。

チャレンジド・アソウ福岡本社

チャレンジド・アソウ福岡本社の写真

〒810-0001 福岡市中央区天神2-8-41
福岡朝日会館12F

(西鉄天神福岡駅から徒歩3分)

TEL:092-752-0500