メイン画像へジャンプ
障害者の就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ

メニュー

就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ 社員ブログ

福岡・広島・大阪・新大阪4拠点で障害者の就労支援を行う
就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ。
その現場で働く社員が、チャレンジド・アソウのトレーニング風景や
就職支援に関する情報などをご紹介するブログです。

大阪事業所

実習の報告をしよう

ここからページの内容です

こんにちは。大阪事業所の越智です。

 

九州北部と四国地方は昨日、梅雨入りしましたね。
その影響でしょうか大阪も湿度が高く、曇り空が広がっています。

 

そんな気候の中で、私が育てているクワガタにも変化がありました。

虫かごの中から…からし色の液体が飛び出ていたのです…
土との調和を乱す派手なカラーリングがグロテスクで驚き、
調べてみるとその正体は、湿度の影響による
キノコの一種ということがわかりました。

 

意外な場面で、梅雨の訪れを感じた越智なのでした。

 


さて、今回は「実習報告」についてです。

 

実習は、通所とトレーニングを通じて自分のできることやできないことを整理し、

働き続けるために必要な力を身につけて、

就職するための準備が整ってきた訓練生が外部の企業に実習生として

職場体験させて頂くというものです。

 

実習に行った日は、業務終了後や帰宅後に事業所に
電話で報告をして頂く決まりがあります。
報告が終わるまでがお仕事ですよ。

 

実習報告のイメージ

(イメージ画像)

 

実習の報告では、
・行った作業内容
・頑張ったこと
・注意や指摘されたこと
・困ったこと
・相談したいこと

など、数点社員から聞き取りさせて頂きます。

 

実習現場では社員が同行しないこともありますので
どのように過ごしたかを具体的に伝えて頂く必要があります。

 

電話をするのに緊張してうまく話せなかった訓練生も
連日の報告でスムーズな報告ができるようになった方もいらっしゃいますよ。


(私も訓練生の頃は電話をするのに緊張していましたが
実習報告で慣れることができました。)

 

チャレンジド・アソウとは違う環境で過ごして
できたことは自信やアピール点、希望業種の発見に繋がり、
注意を受けたことは今後の通所期間で取り組むべき課題の

発見に繋がりますね。

 

そして、困ったことを相談して問題解決することも
就職後には必要になるスキルです。

 

人に伝えることは大変かもしれませんが
まずは社員と共有するところから、少しずつ実践していきましょう!

 

☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆

チャレンジド・アソウ大阪事業所 

チャレンジド・アソウ新大阪事業所の写真

〒540-0026
大阪市中央区内本町2-4-16
オフィスポート内本町9階

(地下鉄谷町線「谷町四丁目」徒歩7分、地下鉄堺筋線「堺筋本町」徒歩5分)
 

TEL: 06-6809-2456

 

■事業所紹介はコチラ

■月間カリキュラムはコチラ

■資料のご請求はコチラ

☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆

 

@challenged_aso

資料請求・お問い合わせ

アソウ・ヒューマニーセンター運営サイト

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.