メイン画像へジャンプ

障害者の就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ

メニュー

ホーム > 利用者の声 > Uさん【40代/男性/発達障害/事務職/人材サービス業】

Uさん【40代/男性/発達障害/事務職/人材サービス業】

Uさん【40代/男性/発達障害/事務職/人材サービス業】

Uさん【40代/男性/発達障害/事務職/人材サービス業】

新しい業務が次々と出てくることが楽しみ。
日々勉強です。

Uさん(1)Uさん(2)

 

今働いている会社名と、業務内容を教えてください。

株式会社チャレンジド・アソウのBPOチームで働いています。業務内容は主にパソコンを使用し、企業情報を集計してリストを作成したり、Webサイトの更新をしたりすることです。

 

BPOとは?

BPOとはビジネス・プロセス・アウトソーシングの略で、外部から業務を受託して業務を行うことで、依頼をされた方が主たる業務をスムーズに行えるように、サブ的な業務をこちらで行う形式です。

 

実際に働いてみていかがですか?

業務が幅広く、日々新鮮な気持ちにさせられます。それとともに日々勉強という感じで、業務の中でパソコン操作等を改めて確認する機会もありますので、いい刺激を受けるというか、かなりやりがいを感じています。色々と新しい業務が出てくることが楽しみです。

 

仕事を楽しみにできるってとてもいいことですね。

入社する前、初めて求人票を見たときには、業務内容がバラエティに富んでいて、「こんなの自分なんてお呼びじゃない求人だな」と不安に思っていました。実際に採用されて働くことになり、なんだか不思議な気分ですね。

 

就職活動の点で工夫したことや、合格するために努力したことはありますか?

就職活動以前に、訓練を一生懸命受けたというのが一番大きな点だと思います。無遅刻無欠席で訓練に通い、一生懸命訓練を受け、CS検定でワープロ技士と表計算技士の資格をとることが自分にできる最大の努力だと思っていました。年齢的にも43歳で後がなく、「資格取れるかな?」と不安だったのですが、検定に合格することができ、就職にも結びつきました。
※CS検定=コンピュータサービス技能評価試験

 

業務について工夫していることはありますか?

業務によっては私の障害特性上、ついミスを見落としてしまったり、理解するのに時間がかかる業務もあります。そのような業務に関しては、自分で手書きあるいはパソコンで入力したりして自分のマニュアルを作成しています。

 

現在の目標を教えてください。

現在行っている業務については、一つ一つミスなく確実にこなしていき、さらに時間も短縮したいです。新しい業務が出てきても、チャレンジするつもりで積極的に取り組んでいくことが目標です。

 

これから、就職を目指す方に対して何かアドバイスがあれば教えてください。

自分が何をやりたいか、それをはっきりさせることが大事だと思います。そして、やりたいことが決まったら、それを実現させるためには何をどれだけやる必要があるのかを見定めて、それを実行していく必要があると思います。

 

Uさん(3)Uさん(4)

資料請求・お問い合わせ

アソウ・ヒューマニーセンター運営サイト

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.