メイン画像へジャンプ

障害者の就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ

メニュー

就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ 社員ブログ

福岡・広島・大阪・新大阪4拠点で障害者の就労支援を行う
就労移行支援事業所チャレンジド・アソウ。
その現場で働く社員が、チャレンジド・アソウのトレーニング風景や
就職支援に関する情報などをご紹介するブログです。

大阪事業所

意気込みを言葉にして面接で伝えよう

ここからページの内容です

こんにちは。大阪事業所の越智です。

最近知った四字熟語で、「一意専心」という言葉を知りました。

 

この言葉の意味は、他のことに意識を向けず
一つの事に心を集中することを意味するそうです。
似たような言葉では、「一生懸命」「全心全意」などがありますね。

 

集中力がない状態というのは、視界に入ってくる色んな物に
意識が向かっている状態といいます。
集中できない時は一度目を閉じて、やるべきことを整理すると良いですね。

 

逆に、集中しすぎてしまう方は小まめに「心機一転」で息抜き・リセットして
体力と集中力のバランスを取ることが必要です。

 

ことわざや四字熟語は短くても意味合いが深いので
気に入った言葉は座右の銘として、心にとどめておくのも良いですね。


さて、今回は大阪事業所で行われた「面接練習」についてです。

面接練習イメージ(イメージ画像)

 

これまでの面接練習では、あらかじめ社員から質問事項が発表され、
それについて受け応えを考えてから臨みますが、
今回の練習では、質問項目を伝えることなく行われました。

 

本番の面接では、社員でさえどんなことを聞かれるのかはわかりません。

 

少し実践的な試みではありましたが、訓練生の方々は
戸惑いがある中でもしっかりと答えることができていました。


面接練習での終盤では「最後に何かございますか?」と質問がありました。

 

この質問は「企業に対して自分の意気込みを伝えるチャンス」
ということは社員からあらかじめ伝えられていました。

 

訓練生の方からは、

「一日も早く仕事に慣れ、即戦力になりたいと思っています」
「一生懸命頑張りたいと思っていますのでよろしくお願いいたします」

 

というように、やる気・熱意を込めた言葉が出てきました。
ここで出てきた言葉は、就職後の仕事に対する思いにも感じられます。


月に二度の面接練習ですが、前にできなかったことを
今回はできるようにしたい!と多くの訓練生がおっしゃっています。

日々のトレーニングは社員も訓練生も「試行錯誤」、「一進一退」です。


就職活動では「精神一到」で自分の気持ちをしっかりと
伝えられるように、社員も支援していきたいです。

 

☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆

チャレンジド・アソウ大阪事業所 

チャレンジド・アソウ新大阪事業所の写真

〒540-0026
大阪市中央区内本町2-4-16
オフィスポート内本町9階

(地下鉄谷町線「谷町四丁目」徒歩7分、地下鉄堺筋線「堺筋本町」徒歩5分)
 

TEL: 06-6809-2456

 

■事業所紹介はコチラ

■月間カリキュラムはコチラ

■資料のご請求はコチラ

☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆

 

@challenged_aso

資料請求・お問い合わせ

アソウ・ヒューマニーセンター運営サイト

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

Copyright © Challenged aso. All Rights Reserved.